毒きのこによる食中毒に御注意ください

2017年09月15日 

毒きのこによる食中毒に御注意ください

2017年09月15日

例年、秋になると誤って毒きのこを食べたことによる食中毒が多発しています。
そのため県では、9月1日から11月15日までを「毒きのこ食中毒予防強化期間」と定め、県民に注意喚起を行っています。

1 毒きのこによる食中毒の発生状況(過去5年)

平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
件数
患者数 12 13 20

※ 昨年(平成28年)は全国最多の発生件数であり、5年ぶりに「毒きのこ食中毒発生警報」を発令しました。

2 毒きのこによる食中毒を防止する三原則

食べられるきのこと正確に判断できないきのこは、

絶対に「採らない」「食べない」「人にあげない」

3 「毒きのこ食中毒予防強化期間」中の県の取組

(1)「きのこ鑑別講習会」の開催

県内12会場において、食品衛生協会等との共催で、きのこ採取、鑑別、見分け方の講義を行う講習会を開催します。

(2)「きのこ情報」の発信

保健所に相談のあった毒きのこの種類と件数、採取された市町村名を、毎週県ホームページで発信します。

(3)その他の情報発信

県の広報テレビ番組や新聞のお知らせ欄のほか、スーパーマーケット等の店頭に設置された掲示板でのお知らせ等により、毒きのこ食中毒の予防情報を発信します。

報道資料(毒きのこによる食中毒に御注意ください)(PDF形式 145 キロバイト)

「にいがた食の安全インフォメーション」もご覧ください

注意啓発リーフレット(表)

注意啓発リーフレット(裏)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Adobe Readerをダウンロードする

◇このページに関するお問い合わせは

生活衛生課 食の安全・安心推進係
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-280-5205 ファクシミリ: 025-284-6757
電子メール: ngt040250@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは

この企業のニュース