H-ⅡAロケット38号機による情報収集衛星光学6号機の打上げについて[文部科学大臣談話]

2018年02月27日  文部科学省 共済組合 

H-ⅡAロケット38号機による情報収集衛星光学6号機の打上げについて[文部科学大臣談話]

平成30年2月27日
科学技術・学術

本日、H-ⅡAロケット38号機が打ち上げられ、搭載していた情報収集衛星光学6号機が所定の軌道に投入されたことを確認いたしました。

今回の打上げ成功により、我が国の基幹ロケットとしては41機連続での打上げ成功となり、着実に信頼性を向上させていることを、私も喜ばしく思っております。

平成29年度は、気候変動観測衛星「しきさい」及び超低高度衛星技術試験機「つばめ」や、高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)など、基幹ロケットとして過去最多となる年間6機の打上げに成功いたしました。

文部科学省としては、今後も基幹ロケットの安全性・信頼性の向上に取り組むとともに、次世代の基幹ロケットであるH3ロケットの開発にも着実に取り組んでまいります。


平成30年2月27日
文部科学大臣 林 芳正

  • ページの先頭に戻る

お問合せ先

研究開発局宇宙開発利用課

(研究開発局宇宙開発利用課)

-- 登録:平成30年02月 --

配信企業情報

文部科学省 共済組合

住所

東京都千代田区霞が関3-2-2 MAP
上場区分 -

業界