44.大分県版:4年目の大変革!キーワードは「しんけんいい話」 『全国の地方新聞社が選んだ!こんなのあるんだ!大賞2017』やるけん!

2017年09月14日 

全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「こんなのあるんだ!47CLUB(よんななクラブ)」で、もうすぐ“全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017』”が開催されるっち。

今年はしんけん進化する! 大事なのは商品の裏側の「いい話」と、地方新聞社の「日々の活動」 2017年度 大分県のエントリー商品はこれです、応援してな!




こんにちは。大分県の大分合同新聞社です。
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「こんなのあるんだ!47CLUB(よんななクラブ)」で、もうすぐ“全国の地方新聞社が選んだ!『こんなのあるんだ!大賞2017』”が開催されるっち。 47CLUB事業に入ってる地方新聞社45社46紙が自分んとこの県の、一番「こんなのあるんだ!」と思わず言ってしまう、おもしろくてすごいものを見つけて、年に1回、みんなで大賞を決めるしんけんおめでたい賞です。今年で4回目。公式サイトもオープンしちょんし、( http://www.47club.jp/kon-aru.award/index )ちゃんとチェックして、当日は取材に来てくださいね。

今年はしんけん進化する!
大事なのは商品の裏側の「いい話」と、地方新聞社の「日々の活動」
2017年度 大分県のエントリー商品はこれです、応援してな!


【大分県代表】
カボス醤油

【フジヨシ醤油】
http://www.47club.jp/44M-000006/goods/detail/44M-0000067/ 


大分の旬のカボスを手剥き搾汁し、同社自慢の醤油とかつおや昆布のだしを加えた。日本で初めて、「カボス醤油」として製品化した元祖カボス醤油。豊かなカボスの香とまろやかな酸味、だしの旨味がたまらん、まさに大分の魅力がしんけんつまった逸品。今では大分県を代表する名物カボス。そんカボスがようやく広く世に認められ脚光を浴びようとするまさにその時期、カボス果汁の商品化がされたっち。酢醤油とはまた違い、風味や旨味が大分県の豊かさをあらわしちょる商品です!!

※本リリースの方言・表現は大分合同新聞社47CLUB担当者の独自見解によるものです※


この企業のニュース