株式会社ASOBIBA、株式会社アプトを迎え遊休不動産活用×体験プロデュース×テクノロジーで事業拡大日本を代表する革新的ライブエンターテインメント企業を目指す

2017年11月13日 

株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)は、株式会社ASOBIBA(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小林肇 代表取締役CFO:小谷翔一、以下「ASOBIBA」)、株式会社アプト(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:遠藤幸一郎、以下「アプト」)の全株式に関する譲受契約を締結したことをお知らせいたします。ASOBIBA、アプトは、今後「アカツキライブエンターテインメント(以下「ALE」)」として統合する予定です。 ALEは、イベント、アミューズメント、レストランなどエンターテインメント施設開発にAR/VR/MR※1などの最先端テクノロジーを活用することで、革新的なライブエンターテインメントを創出してまいります。


? 目的アカツキは「感情を報酬に発展する社会」を実現するために、モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業※2を展開し、世の中の人々に感動や喜びといった感情体験を届けてまいりました。リアルな場所でワクワク・感動する体験を提供するライブエクスペリエンス事業においては、「Wowful」「そとあそび」の2つの体験予約プラットフォームと、MRを活用したデジタル卓球アクティビティ「PONG!PONG!」のオリジナル体験コンテンツ等を提供しております。

これからALEはASOBIBAの持つ遊休不動産を活かすアイデア、アプトの体験プロデュース力、そしてアカツキのゲーム開発によって培われた人の心を動かすクリエイティビティとテクノロジーを融合させ、次世代のライブエンターテインメントの常識を作ってまいります。また、ALEは「Akatsuki Entertainment Technology Fund※3」とも連携し、革新的なライブエンターテインメントのコンテンツを充実することで、ライブエクスペリエンス事業のさらなる成長を目指してまいります。

写真左からASOBIBA小林、アカツキ香田、アプト遠藤


?対象会社の概要
【株式会社ASOBIBA】
ASOBIBAは、「遊びを通じて、リアルなコミュニケーションを増やす」をミッションに、サバイバルゲームフィールドの運営やイベント事業を中心に展開しております。





【株式会社アプト】
アプトは、「暮らしのそばに、心ふるえる体験を。」をミッションに、パーティクリエイションサービス 、レストラン、ケータリングサービスを中心に展開しております。




■会社概要:株式会社アカツキ
アカツキは、人々が心の満足で満たされ、自発的に行動し世界が発展する『感情を報酬に発展する社会』の実現を夢見ております。主力となるモバイルゲーム事業においては、心が動くワクワク体験を届ける様々なゲームの開発・運営を行っております。また感動するリアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業をはじめとし、世界にワクワクとつながりをもたらす様々な事業を展開してまいります。





この企業のニュース