居酒屋チェーン「くいもの屋わん」などで、生体認証によるポイントサービスを開始

2018年04月10日 

2018 年 4 月 10 日
株式会社バリューデザイン

居酒屋チェーン「くいもの屋わん」などで、生体認証によるポイントサービスを開始
~カード不要、自分の「指」がポイントカードに~

株式会社バリューデザイン(東京都中央区、代表取締役社長: 尾上 徹、以下バリューデザイン)は、全国で古民家風個室居酒屋「くいもの屋わん」などを展開するオーイズミフーズ株式会社(神奈川県厚木市、代表取締役社長:大泉賢治、以下オーイズミフーズ)へ、静脈認証技術を用いたカードレスポイント管理システムを提供いたしました。オーイズミフーズでは、同システムを用いたポイントサービス「yubiPOINT(ユビポイント)」を 2017 年 11 月より段階的に導入しており、2018 年 4 月に全店舗(全国 293 店舗)への展開を行いました。

オーイズミフーズでは、バリューデザインの提供する「バリューカード ASP サービス」を用いた磁気式のポイントカードを 400 万枚以上発行してきましたが、ポイント会員増加に伴いお客様利便性の向上、カード忘れによる機会逸失の防止など、よりポイントサービスを有効活用いただくためにカードレス化を図りました。

今回の「yubiPOINT」の導入にあたっては、テーブル会計と一緒に、かつ最もお客様にとって手軽な認証方法でポイント処理ができることに重点が置かれました。このため、店舗には bluetooth で接続した静脈認証用の端末とタブレット PC を用意し、認証にはカードや携帯も不要な生体認証を採用しました。これにより、テーブルでの会計時にポイント蓄積・利用時の会員認証、新規カード発行、従来のポイントカードからの切り替えを行うことが可能です。また、今後はポイント会員の購買データ分析ツールや店舗アプリとの連携などにより、「yubiPOINT」の更なるサービス拡充と活性化を図っていきます。

バリューデザインでは、専用の API を用意し、生体認証やスマートフォン等、様々な認証・決済デバイスでも「バリューカードASP サービス」を使用可能としています。今後も Fintech の成長と共に進む決済デバイスの多様化に対応してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS80583/241a7566/e571/4b65/abaf/ce0c3ca81282/140120180410408319.pdf

この企業のニュース