<大丸松坂屋百貨店の社会貢献活動>子宮頸がん予防の啓発活動「LOVE49プロジェクト」を大丸・松坂屋18店舗で実施

2018年03月30日 

4月1日(日)~17日(火)大丸心斎橋店、梅田店、東京店、京都店、山科店、神戸店、須磨店、芦屋店、札幌店/松坂屋名古屋店、上野店、静岡店、高槻店、豊田店/博多大丸、下関大丸、高知大丸、鳥取大丸

大丸松坂屋百貨店では、4月1日(日)から17日(火)まで『LOVE49(ラブ シキュウ)プロジェクト』に参画し、全国の大丸・松坂屋で子宮頸がん予防の啓発活動を展開いたします。


LOVE49プロジェクト』とは、認定NPO法人『子宮頸がんを考える市民の会』が主催する“子宮を大切に想い、子宮頸がんの予防を伝える”取り組みのこと。当社は、お客様や従業員に女性が多い百貨店にふさわしい社会貢献活動として、“ピンクリボン運動(乳がん啓発活動)”や“子宮頸がん予防・啓発活動”など、女性の健康を守る活動に力を入れています。

今年も、“子宮頸がんを予防する日=4月9日”を中心に『2018年春LOVE49全国街頭予防・啓発アクション』を実施するほか、店頭募金、チャリティ缶バッジの販売などを通じて、子宮頸がんの早期発見・早期治療の重要性を訴えます。大丸神戸店・大丸須磨店では、原千晶さん(タレント・俳優)によるトークショーを開催し、自らの子宮がん闘病体験に基づく「女性の心と体を守ることの大切さ」について語っていただきます。また大丸須磨店・芦屋店では、実際に子宮頸がん検診でみつかったがん細胞と正常な細胞とを顕微鏡で見ていただき、違いをわかりやすくご説明するコーナーを設置いたします。

『LOVE49プロジェクト』の内容


●全国街頭予防・啓発アクション
子宮頸がんなどの検査を行っている「細胞検査士」の皆様が、子宮頸がん検診の最新情報を掲載したニュースレターを店頭で配布し、早期受診を呼びかけます。また、店頭募金、LOVE49チャリティ缶バッジの販売を行います。

子宮頸がん予防の啓発ニュースレターの店頭配布、店頭募金は、期間中、大丸・松坂屋18店舗の店頭(案内所など)でも実施いたします。

●原千晶さんトークショー&神戸市室内管弦楽団のミニコンサート
 大丸神戸店 4月8日(日)12:00~13:00 1階メインステージ前特設会場

●原千晶さんトークショー
 大丸須磨店 4月8日(日)15:00~15:30 須磨パティオ1号館センターコート特設会場
 ※須磨店では、顕微鏡体験も実施いたします。


原千晶さん  1974年4月27日生まれ(43歳)
1994年に第21代「クラリオンガール」グランプリに輝き、芸能界デビューを果たす。20代の頃はモデルの他、映画やドラマなど多数出演する女優として活動し、さらに、TBS「ワンダフル」やフジテレビ「力の限りゴーゴゴー!!」など数多くのバラエティにも出演。
30歳の時に子宮頚がんと診断され、仕事を一時休業するも、子宮を残す円錐形切除の手術を受け芸能界復帰。しかし、35歳で子宮頚がんと子宮体がんを併発し、子宮全摘出手術を受ける。自身のがん闘病経験を活かし、『婦人科の病を共有できる場に』という想いから「よつばの会」という患者会を設立。さらに自身の経験をもとに全国各地にて講演会を精力的に行っている。

●フルートデュオ&アンサンブル「エピカス」ミニコンサート
 大丸芦屋店 4月7日(土)13:00~13:30 3階ファミリア前特設会場
 ※LOVE749キャンペーン兵庫実行委員である南出卓氏プロデュースのフルート奏者グループによる演奏
 ※芦屋店では、顕微鏡体験、パネル展示も実施いたします。

●店頭募金とチャリティ缶バッジの販売


4月1日(日)から17日(火)まで、大丸・松坂屋18店舗の店頭(案内所など)で、子宮頸がん予防の啓発ニュースレターの配布、募金、及びチャリティ缶バッジの販売を実施いたします(缶バッジの販売は売切れ次第終了いたします)。

店頭募金、チャリティ缶バッジの収益金は、認定NPO法人『子宮頸がんを考える市民の会』に寄付し、『LOVE49プロジェクト』の推進に活用されます。


(ご参考)

流れに木葉


菊花火
大丸松坂屋百貨店で販売しているオリジナルエコバッグ(税込500円)の収益の一部も認定NPO法人「子宮頸がんを考える市民の会」に寄付し、子宮頸がん啓発活動の支援に活用されています。

この企業のニュース