バスケは「格好いい!」の一言に尽きるZiNEZさんインタビュー

2018年02月26日  株式会社 WOWOW 

フリースタイルバスケットの元世界王者ZiNEZさんが、ボストン・セルティクス対デトロイト・ピストンズの試合にゲスト出演しました。バスケットボールに対する愛情が深いフリースタイルバスケットボール元世界王者が、後半戦の注目ポイント、NBAの魅力や自身の活動について話してくれました。(取材日:2018年2月24日)


(左より)渋佐和桂奈、ZiNEZ、長澤壮太郎 (C)WOWOW
-3年ぶりの番組出演でした。感想をお願いします。
中学1年生から部活でバスケットボールをやっていてNBAは憧れでしたし、バスケットボールをやっている人なら誰でもNBAを知っています。バスケットボールが好きな人間として、実際に出演するまではハードルが高いと思ったのですが、出演してみると出演者の皆さんが凄く優しいので、話せる空気になって自分も話してしまいました。でも、なんだかんだ気づいたら黙って聞いていました(笑)
出演するたびにNBAはいいなと改めて思うことができるので、毎度楽しいです。

-NBAの魅力を教えてください。
全部が格好いいですよね。演出も音楽も。あれだけ試合を盛り上げる音楽が聞こえるスポーツは少ないと思いますし、何よりもエンターテイメントとしても、音楽やファッションに密接なつながりのあるスポーツだと思います。バスケットボールってNBAにすべてが詰まっている感じがします。もちろんテニスなど他のスポーツもそうなのですが、NBAはその中でも全員が楽しんで見られる洗練されたものです。完璧という言葉が似合うと思います。バスケットボールはスピード感があるゲームですので、(試合中は)目が離しづらいですし、惹きつけられます。バスケットボールシューズとかも誰でも履くじゃないですか?そういうのはバスケの力であり、NBAの力だと思います。世代問わずバスケットボールシューズが格好いいというイメージはNBAの力だと思うし、外にも出ている力なので、改めてNBAは凄いと思います。

-2018NBAオールスターが終わり、後半戦が始まりました。見どころ、注目チーム、選手を教えてください。
祖父母がトロントにいて、祖父にバスケを教えてもらったので、カナダというのは僕にとってバスケに対するルーツがあります。そうなるとカナディアンにとって、ラプターズ頑張れ!というのはあるのですが、現時点で東の1位です。その行方も気になるのですが、今日のピストンズのように、プレーオフ争いでぎりぎりのチームが面白いです。この1か月半でどういう攻防があるのかを見るのが楽しいですね。スタープレーヤーよりも、ギリギリのラインで戦っているチームが面白いと思います。

-NBAで好きな選手はいますか?
難しいですね~。特に好きな選手は、今だといないのですが、昔だとジェイソン・ウィリアムズ、アレン、アイバーソン。僕はカナダのバンクーバーの近くの島のビクトリアにいたのですが、スティーブ・ナッシュがビクトリア出身で僕がずっと練習していたコートを作ってくれたのがナッシュです。そういう意味では、自分の高校時代のプレーグラウンドを作ってくれたNBA選手には憧れもありますし、好きなプレーヤーです。好きな選手を絞るのは難しく、色々なスタイルがあるのがNBAの良さだから、奥が深すぎて誰が一番と言うのは難しいです…。

-ドリブルが上手い選手の名前が挙がりましたが、やはりそういう選手が好きですか?
そうですね。ちょっと個性があって、なおかつシュートとかダンクももちろん格好いいのですが、シュートにいく途中の大事な一手が華麗な人が凄く好きです。そういう意味では、元々ドリブルが好きでフリースタイルバスケを始めたので、そのドリブルを好きにさせてくれたのがそういう選手たちだと思います。

-フリースタイルバスケの出会いとハマった理由をお聞かせください。
中学1年生の時にバスケットボール部に入りました。日本の部活の文化の中でバスケットボールをやっていたのですが、もっとドリブルやバスケットボールとかを知っていくうちに、自分はフラッシー(派手な)で独創的なことを、バスケットボールを使ってやりたいと思いました。アイバーソンとかウィリアムズとかを見ていて、おしゃれさとか癖のあるドリブルを真似していました。その頃ストリートバスケが流行り出した時期で、NBAの水面下でAND 1 mixtapeとかストリートでやるバスケが拾われ始めていましたので、そこも影響を受けました。中学2、3年生の頃からはNBAを見つつ、雑誌を買って情報をチェックしながらストリートバスケを見るようになりました。中学3年の時にカナダへ行くきっかけがあって、向こうでストリートバスケとNBAを目指している時にインターネット上でフリースタイルバスケを見つけました。自分は朝から晩までバスケットコートにいたのですが、その時に音楽をかけながらドリブルだったり、試合で使えなくてもストリートでやったら盛り上がるだろうと思う動きを考えるのが好きでした。最終的にはボールでどこまで表現できるかに惹かれたのですが、最初はストリートバスケとNBAの流れからフリースタイルバスケに入っていきました。誰もやっていないことをボール一つでやってみたいというのがありましたね。

-ご自身の活動内容についてお聞かせください
今は自分で大会を運営したりしています。自分が高校生の時に動画投稿サイトにずっと投稿していたのですが、それを見ていて連絡を取っていた世界中の仲間たちが大人になって、自分たちの国でそのまま大会をやったりしているので、そこで技術を教えるために講師として行ったりもしています。フリースタイルバスケはフリースタイルというだけあって、僕の中ではバスケットボールを使って何をやってもいいという解釈なので、その可能性を追求する意味でも、役者、モデル、バンドとセッションしてパフォーマンスをしたり、常に新しい形でフリースタイルバスケを表現しています。

-今後、一番やりたいことは何ですか?
いっぱいあります。バスケットボールが格好いいおかげで、フリースタイルバスケも格好いいと思います。ファッションだったりそこから引っ張っているものがあります。ヒップホップという音楽もバスケットボールという文化に寄り添ってきた音楽だと思います。ドリブルってすごく良い音なので、地面にマイクとかエフェクターを入れてドリブルを音楽に変えることだったり、スポーツを音楽に変えることですかね。ミュージカルで球体を使ったり、ハーフタイムショーもそうなのですが、それ一つでシアターショーができるようなものだったり、やりたいことはたくさんです。やっぱりバスケットボール一つ持って格好良くパフォーマンスできているのはNBAのおかげなので、いずれは本場のNBAにいってハーフタイムショーで盛り上げることで恩返したいと思います。

-NBAファン、バスケットボールファンに向けて一言お願いします。
NBAを見ているとバスケ以外のことも得られることがたくさんあると思います。アメリカの流行とか。バスケットボールは文化に近いものがあります。バスケで学ぶことって、バスケ以外に生かせると思います。バスケに精通していますが、僕がフリースタイルバスケでそれを感じました。そういう意味では、バスケって最高ですよね。バスケが好きであればフリースタイルバスケを見に来てほしいし、見ていればセンスが磨かれるスポーツだと思います。“格好いい”の一言です。自分もバスケに救われた身分としては、バスケを続けていて、それに愛があれば間違った方向にはいかないと思います。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆
★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」
世界のスター選手が集う世界最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週4試合放送!!
「土曜日は企画満載!スーパーサタデーLIVE」と題して注目試合を生中継するほか、好評企画So!スポなどNBAを楽しめるオリジナル企画満載でお届け!
2/28(水)午後1:00~ 「ウィザーズVSバックス」 [WOWOWライブ]
3/1(木)午後1:30~ 「ペリカンズVSスパーズ」 [WOWOWライブ]
3/2(金)午後3:30~ 「ティンバーウルブズVSトレイルブレイザーズ」 [WOWOWプライム]
3/3(土)午前9:15~ 「スーパーサタデーLIVE!ウォリアーズVSホークス」 ゲスト:金子ノブアキ [WOWOWライブ]
3/7(水)午後3:30~ 「ペリカンズVSクリッパーズ」 [WOWOWライブ]
3/8(木)午後1:00~ 「ラプターズVSピストンズ」 [WOWOWライブ]
3/9(金)午後1:00~ 「サンズVSサンダー」 [WOWOWライブ]
3/10(土)午前9:45~ 「スーパーサタデーLIVE!ニックスVSバックス」 ゲスト:鈴木拡樹 [WOWOWライブ
3/14(水)午前11:00~ 「ペイサーズVSセブンティシクサーズ」 [WOWOWライブ]

「超絶NBAダイジェスト!」
毎週月曜夜は、ウォリアーズとキャバリアーズの全試合のほか、1週間に繰り広げられた激闘の中から注目試合をダイジェストでお送りする情報番組。
3/5(月)夜8:45
3/12(月)夜8:45
3/19(月)夜8:45
3/26(月)夜8:45

他の画像

配信企業情報

株式会社 WOWOW東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区赤坂5-2-20赤坂パークビル21F MAP
上場区分 東証1部

業界