来春入社予定者の内定式、大手人気企業では、約7割が オンライン で開催。

2020/10/05  株式会社 ヒューマネージ 

~ヒューマネージ、最新の企業動向を発表。オンライン内定式が“ニューノーマル”に~

人的資本経営(Human Capital Management)の哲学に基づく人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 亮三、以下ヒューマネージ)は、2021年3月卒予定の大学生、大学院生を対象とした内定式について、企業動向の調査結果を発表した。


今年の内定式は、「オンライン開催」が主流。
本日、多くの企業で内定式が行われる。開催手法を訊ねたところ、「オンライン開催」が約6割を占めた。2021年3月卒予定の新卒採用では、新型コロナウイルスの影響により急速にオンライン化が進んだ。いまだ対策が必要な状況が続くなか、内定式においてもオンライン開催が主流となっている。

内定式の開催方法;




「オンラインかリアル(対面)か」は、企業群により異なる。
大手・人気企業と、中小・ベンチャー企業群では、約20ポイントの差。

企業群別にみると、「大手・人気企業」群では、約7割(70.6%)が「オンライン開催」と回答。一方、「中小・ベンチャー企業」群では、「オンライン開催」が5割を超え(50.6%)最も多いものの、「リアル(対面)開催」も4割以上(43.7%)となっている。大手・人気企業群には、内定者の人数が多い企業が多く、密になることが避けられないため、オンライン開催を選択している。一方、内定者の人数がそれほど多くない中小・ベンチャー企業では、感染防止対策を講じながら、リアルな交流を通じて内定者の入社意欲を高めたい意図がうかがえる。

内定式の開催方法(企業群別);



弊社の考察
「Web就活元年」ともいわれる2021年3月卒予定の就職活動。選考だけでなく、内定式もオンラインが主流となりました。オンライン内定式を初めて行う企業様が多く、プログラムについては、リアル(対面)で実施していたものをオンラインに移行したケースが多いように見受けられました。

選考から内定式まで、内定者の方との接点がオンラインであること(リアルな接点が持てないこと)に対して、多くの採用ご担当者様が懸念を抱かれ、社員とのオンライン懇親会や、バーチャル工場見学など、新たな試みをされています。

入社先企業に迷いのない内定者の3つの共通点;

自分自身を深く理解してもらって、内定したという実感がある
入社先企業に対して、不安がない
自分自身で、入社先企業を決めたという納得感がある


リアルな接点が持ちづらい状況下、オンラインのコミュニケーションで、いかに内定者を“迷いのない”状態に導くか。今年は例年以上に、内定者フォローに心を砕くシーズンとなりそうです。


調査概要
内容:2021年卒対象 内定式実施に関する企業動向調査
対象:2021卒向けに採用管理システム「i-web」をご利用いただいている企業様の中からアンケートにご回答いただいた企業様
実施期間:2020年9月1日~2020年9月25日
有効回答数:146社

株式会社ヒューマネージ 会社概要
https://www.humanage.co.jp/

社名:株式会社ヒューマネージ
本社所在地:東京都千代田区平河町2丁目16番1号 平河町森タワー11階
創業:1988年11月10日
設立:2004年12月1日
資本金:50百万円
代表取締役社長:齋藤 亮三
主要事業:
(1)採用ソリューション事業
(2)適性アセスメント事業
(3)EAP(Employee Assistance Program=従業員支援プログラム)事業

以上

他の画像

関連業界