草の根技術協力事業 アフリカ・マラウイ国研修団が世界農業遺産大崎地域等で農業水利技術を学びます!

2018年07月13日  宮城県庁 

草の根技術協力事業 アフリカ・マラウイ国研修団が世界農業遺産大崎地域等で農業水利技術を学びます!

掲載日:2018年7月13日更新

記者発表資料
このリリースの担当課(所)

記者発表資料
平成30年7月13日
農村振興課広域水利調整班
担当 猪股,渡邉(真)
内線 2864

※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

草の根技術協力事業 アフリカ・マラウイ国研修団が世界農業遺産大崎地域等で農業水利技術を学びます!

宮城県は独立行政法人国際協力機構(JICA)並びにマラウイ国との合意書に基づき,平成23年度よりマラウイ国を対象に「草の根技術協力事業」を実施しております。本事業では,マラウイ国農業水利技術者の育成支援を目的として,マラウイ国の農業水利施設の設計・施工・維持管理に関する技術協力などを行っています。

マラウイ国研修団4名は,7月17日より研修することになりますが,7月25日には「持続可能な水田農業を支える大崎耕土の伝統的水管理システム」として,昨年,世界農業遺産に認定された大崎地域において,内川や大堰頭首工など主要な農業水利施設の視察を行います。是非,取材をお願いいたします。

1 研修期間

平成30年7月17日火曜日から平成30年8月3日金曜日まで

※7月25日水曜日は世界農業遺産大崎地域を視察

2 研修場所

宮城県内ほか

3 研修主体

宮城県農林水産部農村振興課

4 研修内容

農業水利施設の維持管理等

測量実習,粗朶工法実習

東日本大震災からの農業・農村復旧・復興状況 等

5 留意事項

詳細については,別紙 [PDFファイル/257KB]をご参照下さい。

また,各研修場所・時間等の詳細については,担当までお問い合わせ願います。

なお,取材の際は,事前に担当まで連絡をお願いします。

担当課への連絡をお願いします" ※本発表の内容については右上のボックス内の担当課までお問い合わせください。※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。

このページを見ている人はこんなページも見ています

配信企業情報

宮城県庁
上場区分 -