AR市場は2019年から2024年までCAGR46.6%で成長し、727億米ドル規模へ拡大予測 投資の増加が市場を牽引

2020/05/29  株式会社 グローバルインフォメーション 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「拡張現実 (AR) の世界市場 2024年までの予測:ヘッドマウントディスプレイ (ARスマートグラス・スマートヘルメット)、ヘッドアップディスプレイ、マーカー型AR (パッシブマーカー・アクティブマーカー)、非マーカー型AR (物体追跡・画像処理追跡)、アンカー型AR」(MarketsandMarkets発行)の販売を5月29日より開始いたしました。

拡張現実(AR)市場は、2019年に107億米ドルに達し、2019年から2024年にかけてCAGR46.6%で推移し、727億米ドル規模へ成長する見込みです。この市場の成長を牽引する最も重要な要因は、市場への投資の増加です。AR市場への投資は、過去数年間で大きな成長を遂げてきました。Facebook Corporation、Intel Corporation、Qualcomm、Inc.、Alphabet、Inc.、Comcast Ventures、Samsung Groupなどの企業がAR市場に多額の投資を行っています。

 

医療分野でのARデバイスの急増

 

ARはヘルスケア部門で重要な役割を果たします。外科医は、ARを利用して患者のバーチャルビュー確認し、患者の身体状態を診断することが可能となり、低侵襲手術を行う際に役立ちます。ARモデリングと3Dビジュアライゼーションの使用は、ヘルスケア部門にとって大きな助けになると期待されています。フィットネスの改善、医学生への複雑なテーマの指導、医師のトレーニング、薬局の管理、退院後の患者のケアとサポートにARが使用され、医療部門の成長を牽引しています。

 

ヘッドアップディスプレイは最高のCAGRで成長する予測

 

ARヘッドアップディスプレイ(HUD)は現在導入段階にあり、自動車産業に革命を起こすと考えられています。Continental、WayRay、Visteon などの多くの企業は、AR HUDの独自計画ですでに市場に参入しています。

2016年3月のBMWのブログでは、商用利用が可能なクルマ向けAR HUDの製造にはまだ時間がかかるとしていましたが、2020年に発売予定にしているプレミアムモデルにAR HUDが導入される兆候がありました。

 

APACは大きな市場シェアを占有する見込み

 

中国が世界最大のeコマース市場となりつつあるアジア太平洋(APAC)地域の小売業者にとって、eコマースは主な焦点となっています。商業部門からのARデバイスとソフトウェアへの高い需要は、APACのAR市場を牽引すると予測されています。日本、インド、中国などの国での投資の増加に伴い、消費者市場および商業市場成長が、APACのAR市場成長を後押しすると予想されます。

 

【当レポートの詳細目次】

https://www.gii.co.jp/report/mama344813-augmented-reality-market-by-component-sensor.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【 ニュース提供元サイト 】

https://www.gii-news.jp/mama344813-20200528/

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

 


 

他の画像

関連業界