カリーナシステム株式会社の株式取得に関するお知らせ

2018年03月30日  EIZO 株式会社 

2018年3月30日
会 社 名EIZO株式会社
代表者名代表取締役社長 実盛 祥隆
(コード番号 6737 東証第一部)
問合せ先総務部長 鶴見 栄二
電話番号076 (275) 4121

カリーナシステム株式会社の株式取得に関するお知らせ

EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛祥隆)は、本日付でカリーナシステム株式会社(本社:神戸市中央区、代表取締役会長:山田広司)の全株式を取得いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。



1. 買収の目的

当社はVisual Technology Company として最先端の技術や蓄積したノウハウで、ヘルスケアやクリエイティブワーク、監視、航空管制などの特定市場向けに事業領域を拡げ、世界トップレベルの高性能・高信頼性の製品開発とモニターソリューションの提案を通して、当該市場での事業拡大を図ってまいりました。その中でも、ヘルスケア市場向け事業の拡大を重点施策の一つに位置付けており、特に手術室分野に対しては、表示機器だけでなく映像記録・配信システム及びサポートを含めたトータルソリューションを提供することで事業の拡大を推進しています。

カリーナシステム株式会社は、2008年12月設立以来、医療・放送分野を中心に、カメラなど撮影機器から記録、配信、編集、更に画像解析も含めたハードウエアやソフトウエアを自社開発・販売する技術開発力とビジネスモデルを持つ企業です。特に、同社の主力事業である手術室向け映像ソリューション分野においては既に国内300施設以上の導入実績を有し、トップクラスのシェアを誇っています。

今回の買収により、同社の高い技術力と豊富な経験に基づいたインテグレーションノウハウを当社独自のモニターソリューションに融合することができるため、EIZOグループとして、映像の「撮影」から「記録」「配信」そして「表示」までを包括的に提供する体制の構築が可能になります。

この新体制を基に、国内市場においては手術室向けの映像記録・配信・表示システムで圧倒的No.1を目指します。海外市場においては、EIZOグループが持つ欧州・米国・中国などの販売ネットワークを通じた展開も視野に入れると共に、特定市場への応用展開を図り、Visual Technology Companyとして更に躍進します。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.eizo.co.jp/ir/news/2018/NR17-GA003.pdf

配信企業情報

EIZO 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

石川県白山市下柏野町153 MAP
上場区分 東証1部

業界