桜、苺、よもぎを使った“春”和菓子4品発売

2018年02月14日 

“春”を感じられるスイーツが続々登場
2月20日(火)から順次、ローソン店舗で桜、苺、よもぎを使った“春”和菓子4品発売

2018年2月14日

株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)は、2月20日(火)より順次、全国のローソン店舗(13,129店:2018年1月末現在、「ローソンストア100」を除く)で、桜葉や桜の花びら、よもぎなど、春の食材・素材を使った、ひとあし先に春の訪れを感じられる和菓子4品を発売します。

<発売する商品一例>

2月20日(火)発売

「桜餅(こしあん)」 税込150円

2月20日(火)発売

「桜が香るぷるるん水ゼリー」 税込150円


このたび発売する商品は、桜葉の漬け汁で桜の風味を付けたもち生地ですっきりとした甘さのこしあんを包んだ「桜餅」、 桜の花びらエキスで香りづけしたゼリーの中に桜の花びらを入れた「ぷるるん水ゼリー」、ホワイトチョコレートのガナッシュといちごを丸ごと一粒包んだ「大福」、よもぎの爽やかな風味と甘さ控えめのこしあんが楽しめる「草餅」の4品です。


3月は、花見や春のお彼岸などのシーンで和菓子へのニーズが高まります。ローソンでは、例年この時期に、素材や製法にこだわったオリジナル和菓子を販売しています。昨年3月には、「安納芋の芋ようかん」や「チョコバナナ大福」などを発売し、お客さまにご好評頂きました。ローソンの2017年の和菓子の月別合計販売数(※)は、3月が最も多い月となりました。

※オリジナルデザートのチルド温度帯の和菓子と、常温の和菓子の合計販売数


ローソンは今後も、季節の素材やこだわりの製法を取り入れた、くつろぎのひと時や手軽なお土産にご利用いただけるスイーツを開発・発売してまいります。


■商品詳細

商品画像(※)

発売日・商品名・税込価格・商品特長

2月20日(火)発売

「桜餅(こしあん)」税込150円


伸びが良く、なめらかで柔らかい食感が特徴の「北海道産風の子もち」を使用した餅米生地に「桜葉の漬け汁」で桜の風味をつけ、「北海道産小豆」を使用したすっきりとした甘さのこしあんを包みました。ピンク色の餅米生地や餅米生地に巻いた桜葉など、“春”を感じられる和菓子に仕上げました。

2月20日(火)発売
※ナチュラルローソン及び沖縄地区の発売はありません

「桜が香るぷるるん水ゼリー」税込150円


国産の桜の花びらから抽出した「桜の花びらエキス」で香りづけしたピンク色のゼリーの中に、「桜の花びら」を入れ、天面に金粉をのせた水ゼリーです。

“ぷるるん”と思わず揺らしたくなる見た目と、喉ごしのよい柔らかな食感のゼリーをお楽しみいただけます。

3月6日(火)発売
※沖縄地区での発売はありません。

「ホワイトチョコレートいちご大福」税込180円


ホワイトチョコレートのガナッシュといちご(丸ごと一粒)を、もちもちとした食感の餅生地で包んだ、和洋折衷の大福です。ホワイトチョコレートの甘さと苺のほどよい酸味をお楽しみいただけます。

3月13日(火)発売

「よもぎ香る草餅(つぶあん)」税込150円


「よもぎ」を練り込んだ餅生地で、すっきりとした甘さに仕上げた「北海道産小豆」のつぶあんを包みました。よもぎの爽やかな風味と歯切れの良いもちもちとした食感、すっきりとしたあんこの甘みを味わえる和菓子です。


※商品画像は、イメージです。

この企業のニュース