世界最速タイ・最年少三階級王者、田中恒成選手と兄の亮明選手がマニラから本日帰国。強化合宿中には マニー・パッキャオ氏にも遭遇。

2019/06/14  畑中ジム 



畑中ジムは、8月24日(土)にジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)との防衛戦を行うことを発表しました。発表後に防衛戦に向けて6月2日(日)よりフィリピン、マニラにて父でありトレーナーでもある斉氏の指導の下、強化合宿を行い本日無事に帰国しました。今回合宿が行われたジムはエロルドジムでマニー・パッキャオ氏もトレーニングをしているマニラの名門ジムです。

田中選手は、世界最速プロ12戦で三階級制覇を果たしており、四階級制覇に向け現在日本で最も注目の集まっている選手です。

8月の対戦相手のジョナサン・ゴンサレス選手との試合を見据えて今回の合宿に特別に同行したのはサウスポーボクサーである兄の亮明選手。昨夏ジャカルタで開催されたアジア大会日本代表として出場しており、来年のオリンピック出場を目指す現役アマチュアボクサーです。亮明氏は現役高校教員(中京学院大中京高校)でもあり、同高校ボクシング部の監督も務めています。

合宿中、田中選手は父である斉トレーナーの指導の下、ジョナサン・ゴンサレスと同じサウスポーボクサーの亮明選手とトレーニングを続けました。

また合宿中に田中選手にとってはモチベーションを高める出来事も。パッキャオ氏がトレーニングを行うジムということもあり、パッキャオ氏本人の練習に遭遇。パッキャオ氏とガッチリと握手をした田中選手は、「前にも会ったことはありましたが、今回はパッキャオ氏のまわりにたくさん見学者がいる状況だったので、純粋にボクサーとしてすごいな、と感じ刺激をうけました。」

今回フィリピンでの12日間に渡る合宿を終え帰国した恒成選手は、「8月24日の相手はとてもスピードがあります。しかしスピードは私の武器でもあります。今回はその武器により一層磨きをかけて、圧倒的なスピードを見せたいと思っています。また、5年ぶりのサウスポーとの対戦にもなるので、久々に兄との練習も重ね、互いにとって充実した日々を重ね、結果に結びつけたいと思います。」とコメントをしています。





フィリピン合宿中の基本メニュー
スパー有りの日の練習
1) ウォーミングアップ
2)スパーリング 4ラウンド
3) サンドバッグ打ち 3~4ラウンド
4)シャドーボクシング テーマ別に4ラウンド
合計12ラウンド

スパーなしの日の練習
1)ウォーミングアップ
2)サンドバック打ち 5~6ラウンド
3) シャドーボクシング テーマ別に5~6ラウンド

<参考資料>


畑中ボクシングジム所属。
岐阜県多治見市出身。1995年6月15日生まれ 24歳。
右ボクサーファイター。

幼稚園より空手に打ち込み、小5でボクシングを始める。
中京高校1年生で山口国体優勝、2年生でインターハイ優勝、
国体2連覇、選抜優勝で高校4冠。アジアユースでは銀メダル獲得。
高校4冠の実績を引っ下げ、鳴り物入りでプロに転向。
デビュー戦で世界6位の強豪を撃破するという離れ業で、
ボクシングファンを驚かせた。
高校卒業後プロに入って13戦13勝(7KO)無敗。
世界最速タイ・最年少で三階級を制覇時は中京大学を今春卒業。
WBO世界フライ級王者/元WBO世界ライトフライ級王者
元WBO世界ミニマム級王者

■田中恒成エピソード
<難病やイジメを経験>
田中恒成選手は、6歳の時に2万人に1人が発症する「ペルテス病」という、大腿骨骨頭が壊死してしまう
原因不明の難病を患い、1ヶ月の入院、退院後も特別な装具を1年、右足に付けての生活を強いられた。
その装具のせいでイジメの対象になり、殴られたこともあったが、父の教えを守り、絶対に殴り返さなかった。
難病を克服し、イジメを乗り越えて、優しく・強い男になりたいと思ったという。

<甘い物好き>
試合後の楽しみは、スターバックスのクラッシックティークリームフラペチーノや、
トロピカルマンゴーパッションティー、キャラメルマキアートを飲むこと。甘いものは全般的に好き。


中京高校ボクシング部監督。
岐阜県多治見市出身。
1993年10月13日生まれ 25歳。左ボクサーファイター。

幼稚園自体から空手を中学2年からボクシングを始める。
空手時代もボクシング時代も弟との練習をする日々。
中京高3年の国体で史上初の兄弟アベック優勝を果たす。
駒大3年まで国体4連覇。2015年度のアマ最優秀選手。
2018年にアジア大会日本代表として出場、2020年
のオリンピック代表選手を目指す。

他の画像

関連業界