SAPとDeutsche Telekom(ドイツテレコム)社がリアルタイムロジスティクスのIoT分野で提携を拡大

2018年03月02日  SAPジャパン 株式会社 

SAPとDeutsche Telekom(ドイツテレコム)社がリアルタイムロジスティクスのIoT分野で提携を拡大

2018年3月2 日 by SAP News

(本リリースは、2月26日に弊社本社から発表された発表文の抄訳です)

SAP SE(NYSE: SAP)とDeutsche Telekom(ドイツテレコム)社は提携を拡大し、リアルタイムロジスティクス向けのモノのインターネット(IoT)ソリューションの分野でも協業します。

  • Deutsche Telekom社が、SAP(R) Leonardo IoTアクセラレーターパッケージを補完するハードウェアとサービスを含む包括的なパッケージを構築
  • 企業は、Deutsche Telekom社のデバイス管理プラットフォームとSAP Cloud Platform間をシームレスなインターフェースで連携
  • 最初の製品では、Roambee社のトラッキング/トレーシングシナリオ、状態監視、およびサポートサービスを使用したデジタルサプライチェーンを実現

あらゆる規模の企業が、センサーとスマート設備の急増によって、顧客とのより密接な関係、新しいビジネスモデル、無駄の削減、効率の向上のためにIoTを活用することでメリットを得ようとしています。SAPとDeutsche Telekom社は、コネクティビティ、ビジネスアプリケーションソフトウェア、デバイスの追跡と監視、およびサポートサービスを提供する包括的かつ費用効果が高いソリューションの実現に向けて協力します。

Telekom SecurityおよびT-SystemのDigital Divisionのディレクターであるアネッテ・ブロンダー(Anette Bronder)氏は次のように述べています。「デジタル時代の複雑さの中でお客様は、デバイス、コネクティビティ、プラットフォーム、ソフトウェアのレベルでビジネスニーズに対応するために包括的なサポートを一層必要としています。私たちは、お客様固有のニーズすべてに対して最適で最も使いやすく、安全なソリューションを提供するために常にIoTパートナーエコシステムを拡大しており、IoTおよびスマートロジスティクス分野でSAPと協業することにより、そのエコシステムはさらに盤石なものとなります。」

この合意には、Deutsche Telekom社が単一の明確な価格設定でハードウェア、コネクティビティ、セキュリティ、監視、およびオペレーションサービスを含む包括的な製品ポートフォリオを作成することが含まれています。Deutsche Telekom社によって収集、管理されるデータは、SAP S/4 HANA(R)によるエンタープライズ・デジタル・コアへの連携を含め、SAPのIoTおよびサプライチェーン管理で利用できるようになります。合意では、両社がそれぞれのIoT活用シナリオにおける主力製品であるDeutsche Telekom IoT PlatformとSAP(R) Cloud Platformの間のインターフェースを作成し、認定する予定です。

SAPのIoT & Digital Supply Chain部門のプレジデントを務めるターニャ・リュッカート(Tanja Rueckert)は次のように述べています。「Deutsche Telekom社が提供する製品は、デジタルイノベーションをもたらすSAPの企業向けオファリングであるSAP Leonardo IoTポートフォリオをまさに補完しています。モノを成果に結び付ける企業価値を促進するエンド・ツー・エンド・ソリューションをお客様に提供するために両社はそれぞれの強みに基づいて前進しています」

Deutsche Telekom社のパートナーであるRoambee社のテクノロジーを使用したこれらの最初の製品は、モバイルアセットやリアルタイムで動いている物の状態を追跡し、監視する必要がある顧客を支援するように作られています。シリコンバレーに本拠地を置くRoambee社は、Deutsche Telekom社が株式を保有し、輸送中および現場の商品と資産についてオンデマンドでリアルタイムの可視性、追跡、状態監視を提供するIoTスマートロジスティクスと資産管理の最初の企業の1つです。Roambee社のハードウェア、監視、サポートサービスをベースに、Deutsche Telekom社とRoambee社は、車両追跡、トラッキング/トレーシング、ロジスティクス間のシナリオに対応するエンドツーエンドソリューションを共同で構築しました。Deutsche Telekom社がデータ管理人の役割を果たすため、リアルタイムデータはDeutsche Telekom社とそのネットワークパートナーのモバイルネットワークを通して安全に収集されます。データは、SAP Cloud Platform上で稼動するお客様のSAP Leonardo IoTベースのソリューションに転送することができ、データを活用して、卓越したインサイトの獲得とビジネスプロセスのより効率的な管理を可能にします。

以上

SAPについて
SAPは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。
企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国およそ378,000社の顧客企業に利用されています。
また、フランクフルト証券取引所やニューヨーク証券取引所を含むいくつかの取引所で「SAP」の銘柄で取引されています。詳細はhttp://www.sap.com(英語)をご参照ください。
Copyright (C) 2018 SAP SE or an SAP affiliate company. All rights reserved.

SAPSAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

配信企業情報

SAPジャパン 株式会社

住所

東京都千代田区麹町1-6-4SAPジャパンビル MAP
上場区分 -

業界