オープンイノベーション実践を支援する「イノベータ養成プログラム」を開始

2018年03月02日  株式会社 電通国際情報サービス 

ISID、オープンイノベーション実践を支援する「イノベータ養成プログラム」を開始
~国内最大規模のFinTechコミュニティ「FINOLAB」の実践的ノウハウを大手企業に提供~

2018年03月02日

  • プレスリリース
  • プロジェクト

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、オープンイノベーションによる新規事業創出を目指す大手企業を主な対象として、「イノベータ養成プログラム」を5月に開講、本日より第1期(5月~7月)募集を開始することをお知らせします。

本プログラムは、ISIDが日本初のFinTech拠点「FINOLAB(フィノラボ)」の運営事業者として、数々の協業プロジェクトを立ち上げてきた知見をベースに独自開発したものです。イノベータに求められるマインドセットの理解、ビジネス開発の具体的手法や最新の技術動向・ビジネス事例の把握、さらにはビジネスプランの検討・策定に至るまで、多彩かつ実践的なカリキュラムを約3カ月にわたって提供し、企業の事業創出を担う人材育成を支援していきます。また必要に応じて、FINOLABの有望なスタートアップ企業とのビジネスマッチングや人脈形成の機会も提供し、机上での知識習得だけではなく、具体的なプロジェクト組成につながる場を創出します。

背景とねらい

近年のデジタルテクノロジーの進展やスマートデバイスの普及に伴い、人々の嗜好や購買行動が大きく変化する中で、企業には今までにない新たな顧客価値の創出が求められています。多くの企業が、オープンイノベーションによる新規事業創出を目指し、スタートアップ企業との協業を模索していますが、「ビジネスモデル変革を伴う事業創出をどのように計画・実行すればよいのか分からない」「関係部署の理解・承認が得られない」「アイデアをビジネスプランに落とし込むステップが分からない」「自社との協業可能性があるスタートアップと出会うきっかけがない」といった、実務面の課題に直面しています。

ISIDは、FinTech領域におけるビジネスエコシステムの創出を目指し、2016年2月に日本初のFinTech拠点FINOLABを三菱地所株式会社および株式会社電通との協業で開設しました。その後の拡張移転を経て、2018年2月現在、FINOLABはスタートアップ会員45社、企業会員11社が参画する国内最大規模のFinTechコミュニティへと成長を遂げています。この間ISIDは、FINOLABの運営主体としてエコシステム形成を促す様々なプログラムを展開しており、すでに大手企業とスタートアップ企業による多数の協業プロジェクトが組成されています。

本プログラムは、FINOLABにおけるオープンイノベーション実践の知見を、会員企業以外にも広く提供する初めての機会となります。ISIDは本プログラムの提供を通じ、幅広い業種の大手企業を対象にイノベータ人材の育成を支援するとともに、国内外有数のスタートアップ企業とのオープンイノベーションをより一層加速させ、日本のFinTechエコシステム創出に貢献してまいります。

参考資料

イノベータ養成プログラム(第1期)概要

FINOLABにおける大手企業とスタートアップ企業の協業事例

その他、非公表案件も含め十数件のプロジェクトが組成されています。

関連プレスリリース

  • * 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

PDFダウンロード

他の画像

配信企業情報

株式会社 電通国際情報サービス東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都港区港南2-17-1京王品川ビル MAP
上場区分 東証1部

業界