織田信成さんも参加し、見えることの大切さを実感!ヘレン・ケラーのエッセイを題材としたオリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」の発表イベントを開催

2018年03月29日 

織田信成さんも参加し、見えることの大切さを実感!

ヘレン・ケラーのエッセイを題材としたオリジナル
動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」の
発表イベントを開催

?見えることの大切さを伝える動画を発表
?ゲストスピーカー、観覧者から「見えることの意味を改めて考えた」との感想が多数寄せられる
?特設サイト「見えるを見つめる.com」https://mierumitsumeru.comにて、当日の様子をまとめたレポートを掲載予定


大阪、2018 3 29 ― バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:ハイケ・プリンツ、以下バイエル薬品)は、見えることの大切さを訴求することで人々の目の健康への意識を行動へとつなげていただくことを目的とした「見えるを見つめる。プロジェクト」の一環として、6 月に没後 50 年を迎えるヘレン・ケラーのエッセイ「Three Days to See」をもとに制作したオリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」の発表イベントを 3 月 27 日(火)に、新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿)にて開催しました。

当日は、プロフィギュアスケーターの織田信成さん、暗闇のソーシャル・エンターテインメントとして人気のダイアログ・イン・ザ・ダークを運営するダイアローグ・ジャパン・ソサエティ 代表理事の志村季世恵さん、眼科医として網膜再生プロジェクトやロービジョンケアを推進する理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダーの髙橋政代先生の 3 人がゲストとして来場し、多数の応募者から抽選で選ばれた観覧者を前に、「見えるを見つめる。」をテーマに語っていただきました。動画鑑賞後、ヘレン・ケラーが示してくれたこの世の美しさや人間の感性の素晴らしさに思いを馳せ、これからも美しい光景を目や心で見つめることの大切さや、言葉や感性を豊かに使って周りの人と丁寧に接することの大切さを伝えていこうとする前向きなメッセージが会場全体で共有されました。イベントで語られた内容は、特設サイト「見えるを見つめる.com」https://mierumitsumeru.comにて、4 月中に掲載される予定です。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://byl.bayer.co.jp/omr/online/press_release/2018/news2018-03-29.pdf

この企業のニュース