県立歴史と民俗の博物館 改元記念特別企画「変わり雛でふりかえる平成の主役たち」を開催します

2019/03/14  埼玉県庁 

発表日:2019年3月14日14時

県立歴史と民俗の博物館 改元記念特別企画「変わり雛でふりかえる平成の主役たち」を開催します

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:学習支援担当
担当者名:二階堂

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

県立歴史と民俗の博物館では、平成31年3月19日(火曜日)から5月12日(日曜日)まで、改元記念特別企画「変わり雛でふりかえる平成の主役たち」を開催します。

「人形の東玉」が毎年製作してきた「変わり雛」の中から、平成時代の印象深いエピソードを表現した作品を展示することで、平成という時代をふりかえります。

1 会期

前期:平成元年~14年の「変わり雛」の展示

平成31年3月19日(火曜日)~4月14日(日曜日)

後期:平成15年~29年の「変わり雛」の展示

平成31年4月16日(火曜日)~5月12日(日曜日)

※月曜休館(3月25日、4月29日、5月6日は開館)

2 会場

県立歴史と民俗の博物館 エントランスロビー(有料エリア)

(さいたま市大宮区高鼻町4-219)

※東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅下車、徒歩約5分

(駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関を御利用ください。)

3 開館時間

9時00分~16時30分(観覧受付は16時00分まで)

4 観覧料

常設展観覧料でご覧いただけます。

一般300円、高校生・学生 150円

(20名以上の団体 一般200円、高校生・学生100円)

※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

5 見どころ

(1)各年のエピソードを時系列で展示

平成の時代を、前期(平成元年から平成14年)と後期(平成15年から平成29年)に分け、それぞれの年から3~4点の「変わり雛」を時を追って展示します。

(2)さまざまなジャンルのエピソードを網羅

政治・経済、国際問題、スポーツ、芸能、ファッションなど、さまざまなジャンルをテーマにした「変わり雛」で平成という時代をふりかえります。

(3)「変わり雛」に込められた人形職人のセンスとこだわりに注目

さまざまな出来事を雛人形にデザインした「変わり雛」には人形職人のセンスが表れます。人形本体と合わせて、洒落の効いた小道具類へのこだわりにもご注目ください。

※詳細はホームページ 埼玉県博 で検索

http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

6 主催等

(1)主催

埼玉県立歴史と民俗の博物館

(2)協力

株式会社 東玉

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る