多摩市の“橋”をめぐる魅力発掘プロジェクト 「たまのはしフォトコンテスト」を実施します!

2018年04月12日  京王電鉄 株式会社 

2018年4月12日

「 た ま の は し フ ォ ト コ ン テ ス ト 」 を 実 施 し ま す !
募 集 期 間 : 4 月 1 3 日 ( 金 ) ~ 7 月 3 1 日 ( 火 )


多摩市
京 王 電 鉄 株 式 会 社

多摩市と京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、都内では有数の181もの橋がある多摩市の特徴を、新たな観光資源として活用するプロジェクトの一環として、「たまのはしフォトコンテスト」の写真募集を4月13日(金)から開始します。

多摩市には、多摩丘陵の自然と地形を活かし計画的に歩車分離で開発された「多摩ニュータウン」地区を中心に、市が管理しているだけでも181もの橋があります。橋は、構造や成り立ち等の面白さがあるうえ、橋があることで創り出される変化に富んだ風景は、それ自体が魅力となる可能性を秘めています。

今回のコンテストは、181の橋のある多摩市の魅力を広く伝えるために、多摩市の橋を含めた風景の写真を皆様から募集し、入賞作品は、京王線の車内広告や多摩市庁舎等で展示する予定です。

本コンテストは、東京都と(公財)東京観光財団が、都内の各地域から地域資源を活用するためのアイデア(企画案)を募集し、旅行者誘致につなげていく「地域資源発掘型実証プログラム事業」の一環です。日常生活では意識することのない“橋”について、その魅力を再認識し「観光資源」として活用するための取組みとして、多摩市・京王電鉄の企画が採択されました。

今後も、多摩市と京王電鉄では、フォトコンテスト以外にも、橋のWebサイトを公開するほか、市内の橋をめぐるスタンプラリーなど、多摩市の橋の魅力を発信するイベントを随時実施します。

詳細は、下記のとおりです。

多摩市の“橋”をめぐる魅力発掘プロジェクト
≪一本杉橋≫
≪弓の橋≫

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr180412_tamanohashi.pdf

他の画像

配信企業情報

京王電鉄 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都多摩市関戸1-9-1 MAP
上場区分 東証1部

業界