「復興バー@秋葉原」期間限定で秋葉原の高架下にオープン!

2018年08月10日  株式会社 ジェイアール東日本都市開発 

被災地の美味しい物、美味しいお酒を楽しみながら、「東北の今」を紹介します。

2018年8月20日(月)から31日(金)まで「日本百貨店しょくひんかん 特設スペース」で、期間限定のイベント「復興バー@秋葉原」を開催します。


JR秋葉原駅~御徒町駅間の高架下で運営している「CHABARA AKI-OKA MARCHE」(以下、ちゃばら)内の「日本百貨店しょくひんかん 特設スペース」で、2018年8月20日(月)から31日(金)まで期間限定のイベント「復興バー@秋葉原」を開催します。



「ちゃばら」にはバイヤー選りすぐりの日本全国の逸品を集めた「日本百貨店しょくひんかん」や精進料理をカジュアルに体験していただく「こまきしょくどう~鎌倉不識庵~」等、お客様に食の奥深さや伝統・伝承に触れていただける店舗が並んでおります。




この度、8月20日(月)から31日(金)で開催する「復興バー@秋葉原」は、東北復興支援をはじめとした、災害支援、防災促進することを目的に活動されている一般社団法人 東北支援会プラス(本社:東京都中央区 代表理事:緒方佳美代)が主催するイベントです。

「復興バー」は、世界中から来たお客さん、ボランティアの方々の交流の場として、2011年7月に宮城県石巻市内の商店街にオープンしました。被災地の美味しい物、美味しいお酒を楽しみながら、興味・関心を高め、風化防止と継続支援を呼びかける中で「被災地で苦しみや哀しみに負けず頑張っている方々の心意気を都心の方々へ伝えよう。」と、2013年5月「復興バー@銀座」を東京銀座で開催し、以降、期間限定イベントとして毎年都内で開催されています。


復興バーの最大の特色は、被災地の生産者や東北出身の方々、被災地で尽力を続けるボランティア活動をしている方々による「日替わりマスター」です。マスター自ら「被災地各県の美味しいもの」を厳選し、日替わりメニューとして提供するなど、食材の新商品や活動の披露の場や、被災地に想いを馳せる人々の交流の場としても利用されています。
今回「秋葉原」では初となる「復興バー@秋葉原」でも、日替わりマスターが直接お客様と会話をしながら「東北の今」を紹介させていただきます。



【開催概要】
期  間 2018年8月20日(月)~31日(金)
会  場 日本百貨店しょくひんかん 特設スペース
     東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA内
アクセス JR秋葉原駅 電気街口改札より高架下沿い徒歩1分
営業時間 18:00~22:00(L.O. 21:30)
主  催 一般社団法人 東北支援会プラス

他の画像

配信企業情報

株式会社 ジェイアール東日本都市開発

住所

東京都渋谷区代々木2-2-2JR東日本本社ビル13F MAP
上場区分 -

業界