高品位なレコーディングを実現するハイレゾ対応リニアPCMレコーダー『PCM-D10』発売 [ソニー(株)/ソニービデオ&サウンドプロダクツ(株)/ソニーマーケティング(株)]

2019/01/10  ソニー 株式会社 

2019年1月10日
  • 新商品

音楽機材や電子楽器に接続可能なXLR/TRS入力端子搭載
高品位なレコーディングを実現するハイレゾ対応リニアPCMレコーダー『PCM-D10』発売

ソニーは、リニアPCM 192 kHz/ 24 bitのハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)録音・再生に対応し、高品位なレコーディングを実現するリニアPCMレコーダー『PCM-D10』を発売します。

型名 発売日 価格
リニアPCMレコーダー 『PCM-D10』 (内蔵メモリー 16GB) 1月26日 オープン価格

『PCM-D10』は、ライブ演奏での音楽録音やラジオ向けの音声録音など、プロフェッショナルが求める質の高いコンテンツ制作に対応します。
三つのポジションに調整できる可動式高感度ステレオマイクに加え、2系統のXLR/TRS入力端子を搭載することで、ミキサーなどの音楽機材や電子楽器との接続が可能です。加えて、ファンタム電源(48V)供給に対応しているので、コンデンサーマイクも接続できます。高性能な部品の採用と基板レイアウトの最適化により、高音質も追求しています。
また、音の歪みを防ぐ「デジタルリミッター」や、小さな音もクリアに録音可能な「高S/Nモード」※1などの高度な録音機能にも対応しています。
さらに、左右のチャンネルをそれぞれ独立して調整可能なアナログ録音レベルダイヤルや、ヘッドホン出力する音声チャンネルを切り替えるボタンを本体横に配置するなど、優れた操作性も実現しています。
近年、インターネットなどを通じて誰もがコンテンツを制作・発信できる環境が広がり、プロフェッショナルの方をはじめ、より高音質な音楽録音を求めるお客様が増えています。そうしたニーズにお応えすべく、ソニーは『PCM-D10』を新たに投入します。

  • ※1:デジタルリミッターを有効にしている場合は無効です。

主な特長

1.可動式ステレオマイクとXLR/TRS入力端子を搭載、高性能な部品と最適化した基板レイアウトで高音質を追求

広帯域・高感度録音が可能な可動式ステレオマイクは、特定方向の音向けの「ズームポジション」、広がりのある音向けの「ワイドステレオポジション」、奥行きのある音向けの「X-Yポジション」の三つに調整できます。また、2系統のXLR/TRS入力端子を搭載したことで、ダイナミックマイクやミキサーなどの音楽機材や、エレキギターなどの電子楽器を接続できます。加えて、ファンタム電源(48V)供給にも対応したため、コンデンサーマイクも接続でき、これらの機器からのダイレクト録音が可能です。端子にはケーブル抜けを防止するプッシュロック構造も採用しています。
また、部品や基板のレイアウトなど、細部まで高音質を追求しています。高性能なADコンバーターを二つ搭載してS/N比を高めたほか、二つの大容量コンデンサー(各3300µF)で電源供給を安定化したことで、精度の高い録音を実現。加えて、アナログ回路とデジタル回路を分離し、各入力ラインの近くにアンプを配置するよう基板レイアウトを最適化したことで、ノイズ等による音質への影響も極力排除します。
さらに、内部にアナログボリュームコントローラーを内蔵したヘッドホンアンプを採用し、録音モニター時や音源の再生時の音も高音質化しています。

2.高品位なレコーディングを支える高度な録音機能

ライブ演奏等の音楽録音のほか、ラジオ向けの音声コンテンツまで、高品位なコンテンツ制作が可能な機能に対応しています。

デジタルリミッター

二つのADコンバーターを使い、通常の音声用の回路とは別に、12dB低い信号を常に確保します。演奏中の拍手など、突発的に大きな音の入力があった場合は、その時点まで戻って録音データを差し替えて最適なレベルに自動設定することで、音のひずみを防ぎます。

高S/Nモード※1

デジタルリミッターで使われているADコンバーターの仕組みを応用し、アナログ信号をデジタル信号に変換する際の機器内部のノイズを低減します。小さい音の録音時に、ノイズの中に埋もれてしまう部分の録音データを差し替えることで、記録されるノイズを低減し、微小な音もクリアに録音します。

録音専用アプリ「REC Remote」でスマートフォンから遠隔操作

録音専用アプリ「REC Remote」をスマートフォンにインストールして本機とBluetooth®接続すると、アプリ上からの遠隔操作が可能です。また、NFC(Near Field Communication / 近距離無線通信)に対応しているため、スマートフォンのほか、オーディオ機器ともワンタッチでBluetooth接続が可能です。

Bluetooth対応オーディオ機器でのワイヤレス再生※2

スピーカーやヘッドホンなどのBluetooth対応オーディオ機器と接続し、録音した音源や音楽コンテンツをワイヤレス再生※2することが可能です。録音内容の聞こえ方を確認する際に有効です。

  • ※2:Bluetooth接続したヘッドホンでは、録音中の音を確認することはできません。一度にBluetooth接続できるのは1台のみ、対応コーデックはSBC。

プリレコーディング機能

RECボタンを押して録音スタンバイ状態にすると、プリレコーディングを開始。メモリーに最長5秒間の音声を保存します。RECボタンを押した時点の5秒前から録音を開始できるので、急な録音機会でも録り逃しを防ぎます。

クロスメモリー録音

内蔵メモリーまたはSDカード※3の残量が録音途中でなくなった場合でも、自動的にもう一方のメモリーに切り替えて録音を続けます。

  • ※3:最新の動作確認済みメモリーカードについては、リニアPCMレコーダーサポート・お問い合わせページをご覧ください。

3.優れた操作性を実現する、その他の特長

  • 左右のチャンネルをそれぞれ独立して設定可能なアナログ録音レベルダイヤルを搭載しています。また、左右のチャンネルのピークレベルを画面のほか、三つのランプ(-20dB/-12dB/Over)で表示します。
  • 録音モニター時、または音源の再生時に、本体横のボタン一つでヘッドホン出力する音声チャンネルの切り替え(Lチャンネル/Rチャンネル/ステレオ)が可能です。
  • USB Type-C端子を搭載。PCとのファイル転送のほか、別売のUSB ACアダプターやモバイルバッテリーを使って外部からの電源供給も可能です。
  • 1チャンネルの音声レコーディング向けに、モノラルレコーディングに対応しました。ステレオファイルに記録するか、左チャンネルだけをモノラルファイルに記録するかを選択できます。
  • 付属品は、USB Type-Cケーブル(USB-A - USB-C)、ウィンドスクリーン、キャリングポーチです。

<先行展示のお知らせ>

今回の新商品を、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて、1月11日(金)より展示します。

<主な仕様や詳細は、次のURLでご覧いただけます。>

市場推定価格(消費税を含みません)

リニアPCMレコーダー 『PCM-D10』 50,000円前後
  • ※「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。
    なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。
  • ※記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報

お客様からのお問い合わせ

ソニーマーケティング(株) 買い物相談窓口

TEL 0120-777-886(フリーダイヤル)
TEL 050-3754-9555(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
受付時間 月~金:9:00~18:00 土日祝:9:00~17:00

他の画像

関連業界