「第6回農山漁村起業者養成講座~農山漁村の資源で起業しよう!~」の見学者を募集します

2019/01/09  三重県庁 

平成31年01月09日

「第6回農山漁村起業者養成講座~農山漁村の資源で起業しよう!~」の見学者を募集します

県では、農山漁村ならではの魅力的な資源を活用した地域資源活用型ビジネスの起業を促進するため、「農山漁村起業者養成講座」を開催しています。このたび、今年度、最後となる第6回目の講座の見学希望者を以下のとおり募集しますので、ご興味・ご関心のある方はぜひお申込みください。
なお今回は、受講生がこれまで習得した知識から農山漁村で起業するビジネスプランを発表するプレゼン大会を実施します。

1 開催日時及び場所、講座内容等
日時 平成31年1月15日(火)13時から17時まで
場所 勤労者福祉会館6階研修室(三重県津市栄町1-891)
講座内容 受講生同士のプレゼン大会
見学者 5名(先着順、要事前申込)

2 見学の申込み方法
1月11日(金)17時までに下記担当までお電話でお申込みください。
三重県農林水産部農山漁村づくり課農山漁村活性化班
電話:059-224-2518
担当:山口、平尾(受付時間:9時から17時)
※今年度の受講生の募集は終了しています。

3 講師
曽根原 久司 氏(NPO法人えがおつなげて代表理事)
【講師プロフィール】
大学卒業後、企画会社、コンサルティング会社などに勤務し、4年後に独立。日本の未来に危機感を抱き、その再生モデルを創造すべく、東京から山梨県白州町へと移住。2001年、NPO法人「えがおつなげて」を設立。代表として「村・人・時代づくり」をコンセプトに農業を中心とした都市農村交流事業を展開している。内閣府が選定する地域活性化伝道師の一人。主な受賞歴は、第43回日本農業賞「食の架け橋の部」大賞、日本経済新聞社「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」大賞、内閣官房・農水省の進めるディスカバー農山漁村(むら)の宝優良事例がある。