ブルガリ ジャパンが国際女性デーに輝ける女性を賞賛する第3回「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018 / ブルガリ アウローラ アワード 2018」発表記者会見を開催

2018年03月08日  ブルガリ・ジャパン 株式会社 

受賞者の妹島和世さんとYOONさん、推薦者の林陽子さんがブルガリを纏い登場!ゲストプレゼンターのDAIGOさんより、ミモザの花束を贈呈

2018年3月8日、ブルガリ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ウォルター・ボロニーノ、以下 「ブルガリ ジャパン」)は、国際女性デー(※2)である本日、第3回「BVLGARI AVRORA AWARDS 2018 / ブルガリ アウローラ アワード 2018」(※1) の開催を発表いたしました。



左から:アーティスト・タレントDAIGO氏、弁護士/「国連女子差別撤廃委員会」委員の林陽子氏、建築家の妹島和世氏、AMBUSH(R) デザイナーのYOON氏、ブルガリジャパン代表取締役社長ウォルター・ボロニーノ


イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日頃の感謝を込めて、母親や妻、友人などの女性にミモザを贈る日として広く知られていることから、「ミモザの日」とも呼ばれています。愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性たちは、そのミモザを誇らしげに胸や髪に飾ります。ブルガリは、そのような文化が豊かに根付くイタリア・ローマ誕生のハイジュエラーとして、国際女性デーに「ブルガリ アウローラ アワード」の発表記者会見を開催しております。

本記者会見において、2018年度 アウローラ アワードの推薦者のひとりである、林陽子さん(弁護士/「国連女子差別撤廃委員会」委員)と受賞者のひとりである妹島和世さん(建築家)、YOONさん(AMBUSH(R) デザイナー)の受賞と推薦が発表されました。

ブルガリジャパン代表取締役社長ウォルター・ボロニーノは、次のようにコメントを述べました。

「ブルガリは1884年の創業以来、いつの時代も輝く女性からデザインのインスピレーションを受け、創造性、知性、そして才能溢れる女性とともに歴史を紡いできました。内から溢れる輝きや創造性豊かな取組みにより、すべての女性たちにインスピレーションを与える彼女たちに、ブルガリは敬意と賛辞を贈ります。日本は素晴らしい女性で満ち溢れています。そうした女性たちの様々な分野での活躍を世の中の人にもっと知っていただきたく、そしてその輝きの連鎖を作っていきたいと願っております。このアワードは今年3年目を迎えます。これまで2年に亘り20名もの才能溢れる女性たちに光をあててまいりました。文化や芸能、芸術、政治、経済、医療、社会貢献、スポーツと様々な分野から才能と創造性に輝く女性をブルガリと同じ価値観を共有する各分野で活躍する推薦者の方々とともに受賞者を選出いたしました。今年も1年を通して新たに10名の受賞者をお迎えします。11月末には、受賞のセレモニーをいたしますことを大変光栄に思います」

また、今年の受賞者である建築家の妹島和世さんは、受賞の喜びを次のように述べました。

「このたびは、名誉あるブルガリ アウローラ アワードの受賞の知らせを受けまして、大変嬉しく思っております。ブルガリのジュエリーのデザインは、ローマの街やそこにある建築と結びついていると思います。建築家としてもローマの街はとても素敵ですし、そんな街から生まれたブルガリというブランドから、このような賞をいただけて大変光栄です。ブルガリ アウローラ  アワードのような賞は、人と人を結び付けてくれますし、こういった賞がもっと広がってくれたらと思います」

同じく受賞者であるAMBUSH(R) デザイナーのYOONさんは、次のように受賞の喜びを述べました。

「この場にいられるだけでとても幸せです。私はキャリアも短く、妹島さんや林さんと比べるとまだまだなので、大変光栄に思います。すべての女性が功績を称え、ユニークな個性を称えあうブルガリ アウローラ アワードや国際女性デーという日は本当に素敵だと思います。他の人のユニークな個性を称え、自分の個性を大事にし、自分が生まれ持った才能を活かすことが大切だと思います。全ての女性に、自分が向かおうとしている事に全力で頑張って欲しいです」

妹島和世さんの推薦者である弁護士/「国連女子差別撤廃委員会」委員の林陽子さんは、次のように想いを語りました。

「ブルガリが女性のことを思い女性のためのこのような賞を作ってくれたことに感謝いたします。本日は国際女性デーです。女性は家族に称えてもらうことも出来ますし、デモに参加することも出来ます。もちろん女性同士で称えあうことも出来ます。ぜひステレオタイプを破って、女性には出来ないと思われていたこと、女性には出来ないと思われていた仕事にもっともっと積極的に加わってほしい。この賞が一つのきっかけになってくれればと思います」

また、世界中の男性を代表してミモザの花を受賞者・推薦者へ送るゲストプレゼンターという大役を担ったタレントのDAIGOさんは、輝く女性たちへ称賛の熱いメッセージを贈りました。

「妹島さんは建築の世界で、YOONさんはファッションの世界で、林さんも「国連女子差別撤廃委員会」でと、皆様国際的な活躍をされていてとても素敵です。こういった機会を与えていただきそしてお会い出来て大変光栄です。一生懸命な女性はやはり輝いていますし、インスパイアされっぱなしですね。男性も刺激になります。国際女性デーのことは正直I・D・K(I don’t know)でした。奥さんが仕事をしながら家事をしてくれているので、僕も今日をきっかけにいろんな面で積極的に参加して、奥さんを支えていきたいと思います。最後に女性が活躍出来る場所が増えることは世界にとっても素晴らしいことだと思います。改めてK・K・K・K(これからも・キラキラと・輝いて・ください。)です」

ブルガリは、本アワードを通して、多くの女性たちにポジティブなパワーを与え、それらの活動に共感と感動に満ちた輝きの連鎖を広めていくことを願ってやみません。

(※1)「ブルガリ アウローラ アワード」の活動内容について
「ブルガリ アウローラ アワード」は、創造性と知性と才能に溢れた、今もっとも輝く女性たちとその取組みを賞賛し支援するアワードです。
ブルガリは、ローマ神話「アウローラ(曙の女神)」-知性の光、創造性の光が到来するシンボルにちなんで名付けられ、希望に満ちた夜明けを照らす光のごとく、この「アウローラ」の輝きですべての女性が内面に秘めている宝石を美しく輝かせたいと願います。

毎年、文化、芸能、芸術、政治、経済、医学、社会貢献、スポーツ等、様々な分野から比類なき才能と 創造性に輝く10名の女性を選出いたします。そして各分野で輝かしい功績を築かれた10名の推薦者と共に彼女たちのストーリーを 紹介し、賛辞を贈ります。11月末にプレステージ感溢れるゴールデンカーペットとともに一夜限りの「ブルガリ アウローラ アワード」授賞セレモニーを開催いたします。

(※2)国際女性デーとは
国際女性デー(3月8日)は、国連により1975年に定められました。女性たちが、平和と安全、開発における役割の拡大、組織やコミュニティーにおける地位向上などによって、どこまでその可能性を広げてきたかを確認すると同時に、今後のさらなる前進に向けて話し合う機会として設けた記念日です。

他の画像

配信企業情報

ブルガリ・ジャパン 株式会社

住所

東京都中央区銀座2丁目7番12号 MAP
上場区分 -

業界