都市と森が共存する、ここにしかない寛ぎの街『リブインコテージ与野本町』

2019/02/12  株式会社 中央住宅 

利便、文教、自然が叶う中央エリアの20邸の街づくり

このたび、株式会社中央住宅(本社:埼玉県越谷市南越谷1丁目21番地2、代表取締役社長:品川 典久、以下:中央住宅)は、新築分譲住宅『リブインコテージ与野本町』(埼玉県さいたま市、全20邸)の販売を開始いたしましたので、お知らせいたします。



http://www.polus-kodate.com/kodate-k-sa/yonohommachi32/?waad=LceeMrYB&ugad=LceeMrYB

●利便、文教、自然が揃う贅沢なロケーション
埼玉を代表する先進都市「さいたま新都心」や「大宮」の生活圏に位置し、徒歩1分のバス停からは4駅利用できるなど利便性の高いアクセスが魅力です。
中央エリアは埼玉を代表する美術館や世界的な芸術を鑑賞できる劇場に日常的に足を運べるほか、埼玉県唯一の国立大学もあり教育意識も高い文教の街です。
また、「与野公園」や「八王子公園」など自然豊かで大きな公園が点在し、みずみずしい緑が広がるエリアのため、ゆっくりとした時間の流れを感じられ、穏やかな暮らしを望めます。
これらの利便、文教、自然の魅力を活かし、都市と森が共存する20邸の寛ぎの街『リブインコテージ与野本町』がはじまります。

●木をベースとした3つの選べるスタイル


【森の家】
『森の家』はボーダー加工で国産杉の素材感を高めた「COOL JAPANスリムタイプ」を使用しています。杉の香りの成分の効果で家にいながら森林浴を楽しめます。
天井に配した化粧梁や、銘木の床とパネルが組み合わさることで、自然の空気がより色濃く漂う空間となり、まるで森の中にいるような寛ぎを味わえます。


【アトリエの家】
『アトリエの家』は銘木の風合いはそのままに、細やかなボーダー加工を立体的に施したレリーフを使用しています。空間の心地よいアクセントとなる上質感あふれる壁材です。
大広間のステージリビングは「自分の時間と家族の時間」を大切にしたい人にとって最適なプランです。
段差で仕切ることができるので、開放感はそのままにそれぞれの時間を過ごすことができます。


【スタジオキッチンの家】
『スタジオキッチンの家』は高度な技術で銘木の見事な木目を表現したイタリア発の天然木工芸突板化粧板を使用しています。染色からプレスまで、あらゆる工程に職人の手作業が加わることで、自然の木目をつくりだしています。
家事導線やリビングダイニングとの空間的なつながり、家族との距離感までを考慮した3タイプのインテリアキッチンをベースに、LDKの使い方の幅を広げることが可能です。


▼詳しい物件概要は公式ホームページにて
http://www.polus-kodate.com/kodate-k-sa/yonohommachi32/?waad=LceeMrYB&ugad=LceeMrYB
▼資料請求はこちら
https://www.polus-kodate.com/kodate-ko/inquiry/bk/kodate.php?fmid=b41V8F6jR8i66WOt2vylbmZ6Xv73N6&waad=ZrVYK9rT&ugad=ZrVYK9rT
▼来場予約はこちら
https://www.polus-kodate.com/kodate-ko/inquiry/various/g_default.php?k=4236&waad=Bz8AhhUF&ugad=Bz8AhhUF
▼本件以外の物件情報について
http://www.polus-kodate.com/search/result.php?ptp=office&s=8&waad=nps9nTWZ&ugad=nps9nTWZ

他の画像

関連業界

広告・メディア業界のニュース