ミレニアル夫婦の貯金は「とりあえず貯金」が1位。老後資金の目標額は「夫婦で2,000万円」がトップ。

2020/11/25  株式会社 OsidOri 

夫婦の共有家計簿・貯金アプリ『OsidOri(オシドリ)』を運営する、株式会社OsidOri(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮本敬史、以下「当社」)は、OsidOriを利用する20-30代のミレニアル世代夫婦の「夫婦の貯金に関する調査」を実施しましたので、その結果をお知らせいたします。




夫婦の共有家計簿・貯金アプリ『OsidOri(オシドリ)』のお客さまは20-30代で9割を超え、いわゆるミレニアル世代に選ばれているサービスです。この度、「夫婦の貯金に関する調査」を実施しましたので、その調査結果をお知らせいたします。



貯金の目標は「とりあえず」「住宅」「結婚」「家族旅行」「教育資金」が上位





最も多いのは特定の目標設定はせずに貯金を行う「とりあえず貯金」です。目標ありの貯金では、住宅購入や結婚関係、家族旅行が多いようです。教育資金や老後資金のような中期的な目標は、時間軸が先のイベントということもあり相対的に作成数が少ないようです。他方、ミレニアル世代ということもあり結婚前後のお客さまが多く、新婚旅行や結婚式費用などの結婚関係の貯金が上位に出ています。

・1位:とりあえず貯金
・2位:住宅購入
・3位:結婚関係
・4位:家族旅行
・5位:教育資金
・6位:その他
・7位:車・バイク
・8位:老後資金


貯金期間は「短期」「中長期」の2種類




家族旅行や結婚関係は近い未来の予定のため短期で貯金をしており、例えば家族旅行の貯金の半数以上は1年以内です。それに対し、教育資金や老後資金などの先の未来に関しては目標期間(貯金を行う期間)も長くなっています。


目標金額は数十万円~数百万円越えまで




住宅購入や車・バイクは比較的短期の貯金ですが、大きい買い物のため目標金額が大きくなっています。住宅資金、教育資金、老後資金は、一般的に大きい金額を要するため目標金額も大きいです。


老後資金で最も多い目標金額は「2,000万円」




老後資金の目標金額で最も多いのは2,000万円以上となり、56%となり優に半数を超えています。
その中でも2,000万円ちょうどを目標金額としている割合は全体の28%と相対的に多く、これは金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が2019年に公表した報告書を発端に“老後2000万円問題“が話題になったことで、必要金額の目安として「夫婦で2,000万円を準備したい」が認識されつつあるのかもしれません。

<調査について>
「OsidOri利用者さまの貯金状況の調査」
調査対象:OsidOriを利用する20-30代のお客さま
集計時期:2020年11月20日
対象人数:7,157人


OsidOri(オシドリ)の特徴 / 受賞歴





<特徴1.> 夫婦で共有できる「共有家計簿・貯金アプリ」
家族のお金は「家族ページ」で一緒に管理、だから家族の家計・資産がひと目で分かります。
また、自分のお金は「個人ページ」で管理できプライバシーもバッチリです。

<特徴2.> 家族のお金の共有が進む、夫婦向けならではの便利機能(特許取得※)
自分のクレカ明細の共有したい1件だけを選んで共有できるから、自分の口座全部を共有しなくても大丈夫。また、家計にお互いがいくら支出したかもグラフで可視化できます。
※特許番号第6512653号/取引明細情報管理装置、取引明細情報管理方法および取引明細情報管理プログラム

<特徴3.> 家族旅行や住宅購入などの、「家族貯金」を簡単にスタート
住宅購入や家族旅行、また老後資金2,000万円の準備へのはじめの一歩目に。家族の未来への会話が生まれます。

<受賞歴> 金融機関等のプログラム・イベントで受賞
JAアクセラレーター・Plug and Play Japanなどの各種プログラムに採択、グロービスベンチャーチャレンジ「大賞」、Tech Crunch Japan2019 ファイナリストなど複数のイベントで受賞/採択をしていただきました。

▼ 当社受賞歴
プラットフォーム
・「GooglePlayベストオブ2020」ノミネート

Bizイベント
・Tech Crunch Japan2019 ファイナリスト(2019/11)
・B Dash Camp 2019 Fall in Fukuoka ファイナリスト(2019/10)
・京都銀行デジタルソリューションチャレンジ 最優秀賞(2019/5)
・FINOVATION CHALLENGE 2019 API賞、VC賞(2019/1)
・第6回 GLOBIS Venture Challenge 大賞(2018/10)
・東京都ASAC DemoDay 住友不動産賞(2018/10)
・X-Tech Innovation 2017 協賛企業賞2社(2018/1)

アクセラレーションプログラム
・Plug and Play Japan Batch5 採択(2020/6)
・JA ACCELERATOR 第1期 採択(2019/5)
・Plug and Play Japan Batch1 採択(2018/6)
・青山スタートアクセラレーションプログラム 第6期 採択(2018/6)


当社のミッション

『誰もがお金に困らず、生きたい人生を歩める世界をつくる』をミッションとして2018年6月に創業しました。誰もが最適な金融サービスを摩擦なく利用できる世界をゴールとし、まずは「OsidOri(オシドリ)」で『夫婦』のお金の課題解決から行っております。


会社概要

会社名    株式会社OsidOri(英語名:OsidOri Inc.)
代表者    代表取締役CEO 宮本敬史
設立     2018年6月18日
所在地    〒150-0002 東京都渋谷区渋谷一丁目1番3号アミーホール THE HUB 青山WEST412号室
資本金    65,795,500円(資本準備金含む。2019年9月30日現在)
URL     https://www.osidori.co/
事業内容   夫婦のお金の管理・貯金アプリ「OsidOri(オシドリ)」の開発、運営
加入協会   一般社団法人FinTech協会問い合わせ先 中山(TEL:080-3278-0881 MAIL:info@osidori.co)

他の画像

関連業界

情報・通信業界のニュース

「IAUD国際デザイン賞2020」受賞結果発表 2020/12/25 一般財団法人 国際ユニヴァーサルデザイン協議会
ECサイト「anysee.jp」を11/1にリニューアルオープン 2020/11/04 ダイキサウンド 株式会社