愛知県岡崎市、ソフトバンクグループの「HELLO CYCLING」を活用して自転車シェアリングサービスを提供

2017年10月13日 

愛知県岡崎市、ソフトバンクグループの
「HELLO CYCLING」を活用して
自転車シェアリングサービスを提供~自転車の走行データを分析し、
電車やバスと組み合わせた移動手段の提案などに活用~

2017年10月13日
愛知県岡崎市
OpenStreet株式会社
ソフトバンク株式会社

愛知県岡崎市とソフトバンクグループのOpenStreet株式会社およびソフトバンク株式会社は、岡崎市が自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」を活用した自転車シェアリングサービスを、2017年10月14日から2018年3月31日まで提供することをお知らせします。「HELLO CYCLING」は、OepnStreetとソフトバンクが共同で提供するものです。

サービス利用者は、スマートフォンやパソコンで、駐輪場「ステーション」の検索、自転車の利用予約、決済までの一連の手続きを簡単に行うことができます。また、「ステーション」であればどこでも自転車を返却することが可能です。

なお、サービスで使用する自転車にはGPS機能が搭載された鍵「スマートロック」が取り付けられています。岡崎市、OpenStreetとソフトバンクは「スマートロック」により集積された自転車の走行データを分析して、サービス利用者へのバスや電車などと組み合わせた最適な移動方法の提案や、標識の設置による道路整備などに役立てる予定です。岡崎市は株式会社デンソーと「モビリティ・IoTを活用したスマートなまちづくりに関する協定」を5月に締結するなど、IoTを活用した交通インフラの整備に向けて取り組んでいます。このたびの「HELLO CYCLING」の活用は、岡崎市の取り組みを加速させることを目的としています。

サービスの概要

1. 運営主体

一般社団法人岡崎パブリックサービス

2. 期間

2017年10月14日~2018年3月31日

3. 料金

50円/15分、千円/24時間

[注]
  • 10月14日から11月5日までは無料

4. 自転車数(サービス開始時)

30台

5. 「ステーション」数(サービス開始時)

5カ所

6. 「ステーション」稼働時間

24時間

「HELLO CYCLING」の詳細はこちらをご覧ください。

サービス利用者向けイメージ

「スマートロック」により集積される走行データのヒートマップイメージ

OpenStreet株式会社について

ソフトバンクグループが従業員のアイデアを広く募集して事業化を行う新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から設立された会社で、IoTを活用した自転車シェアリングシステム「HELLO CYCLING」をソフトバンクと共同で提供しています。電車やバスなどを下車した後の「ラストワンマイル」の移動を支える補助交通として、各地域に根差した自転車シェアリングを発展させることを目的としています。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
  • プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。
  • 2015年4月1日付でソフトバンクモバイル株式会社はソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社を吸収合併しました。合併前の各社のプレスリリースは以下よりご覧いただけます。なお、2015年7月1日付でソフトバンクモバイル株式会社は、ソフトバンク株式会社に社名を変更しています。

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら