日南町有林J‐クレジット売買契約調印式開催について~J-クレジットの仲介を通したSDGsへの貢献~

2018年04月12日 

2018年4月12日
株式会社 山陰合同銀行

日南町有林J‐クレジット売買契約調印式開催について
~J-クレジットの仲介を通したSDGsへの貢献~


山陰合同銀行(頭取 石丸 文男)では、地域の環境保全に対する取り組みの一環として、J‐クレジットを活用したカーボン・オフセットの取り組み支援を行っています。

このたび、2018年4月16日(月)に日南町(町長 増原 聡)と有限会社江府技研コンサルタント(代表取締役 浦部 明郎)との間で「日南町有林J-クレジット売買契約」を締結され、同日、調印式が行われることとなりましたのでお知らせします。

有限会社江府技研コンサルタントは、自社で使用する社用車および従業員の通勤で排出される温室効果ガスの自主的な削減を目指し、2013年10月に初めて日南町より日南町有林J-クレジットを購入されて以降、3回目の購入となります。

今回、新たに5t-CO2を追加購入され、引き続きJ-クレジットを活用した循環型社会の形成に向けた活動に社を挙げて取り組んでいかれます。

当行では、「日南町有林J-クレジット地域コーディネーター」に就任して以降、今回成約となる 1 社5t-CO2を含め、これまで合計13件の日南町有林J-クレジット売買契約を仲介してまいりました。

当行は、環境保全の重要性やJ-クレジットを通じた環境負荷の低減手法をお客様と共有し、共にSDGs※に取り組むことにより、引き続き持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

公式ページ(続き・詳細)はこちら
http://www.gogin.co.jp/about/press2018/topi18-008.pdf

この企業のニュース