ジェイテクト、「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」出展

2018年05月16日 

自動運転化、電動化などクルマの未来に貢献する数々の次世代技術・製品を紹介

5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催される、人とくるまのテクノロジー展に株式会社ジェイテクトが出展。自動運転対応技術やリチウムイオンキャパシタなどの先進技術を紹介。


【出展コンセプト】
『No. 1 & Only One』 -より良い未来に向かって-
・自動運転化、電動化などクルマの未来に貢献する、STG・軸受・駆動製品のPR
・各種受賞技術…学会アワード技術に基づく展示で当社の技術力をアピール
ブースイメージ
【主な出展製品】
◆ラックパラレルタイプ電動パワーステアリング(RP-EPS)
大型乗用車の搭載に適した高出力電動パワーステアリングシステム。
ラックバーに並列するモーターと減速機ハウジングは世界最小クラス。システムの小型化・軽量化を実現し、車両搭載性を向上。長年培ってきたトライボロジーのノウハウを駆使することで、操舵時の摩擦を低減し、スムーズで快適な操舵を実現。2016年末に花園工場にて量産を皮切りに、米国、中国でも量産を推進し、世界中のお客様に貢献。
RP-EPS
◆大型輸送車(バス・トラック)の自動運転化対応技術
当社テストコース「ジェイテクト伊賀試験場」で行った、バス・トラックの自動運転対応技術のデモンストレーション映像を上映。自動走行を行うバスが安全かつ正確にバス亭に寄せ、停止する実写映像を放映。
将来の公共交通機関の自動運転化に貢献する、ステアリングシステムのNo.1&Only One 企業であるジェイテクトの技術を量産前に紹介。

◆高耐熱リチウムイオンキャパシタ
独自技術により世界初の動作温度範囲 -40℃~85℃ を実現するチウムイオンキャパシタ。冷却装置を使用せずに車両に搭載することが可能。
その活用例として、EPS用補助電源システムがあり、EPSの出力向上を目指した「高出力ユニット」と今回、新たに「バックアップ電源ユニット」を開発予定。
「高出力ユニット」は、車載電源装置の12Vを一時的に6V昇圧し、据切り走行時などの高出力化を実現。操舵性能を向上させ、大型乗用車のEPS搭載を可能にすると共に、環境性向上と自動運転化に貢献。また、「バックアップ電源ユニット」は自動運転車搭載のEPSやステアバイワイヤ向けに、12V系の電源二重化を実現。高耐熱に対応し、ASILに対応した信頼性の高い新電源として開発を推進。
さらには、ステアリングシステムの補助電源装置としてだけでなく、パワートレーンへの適用による高出力およびバックアップ電源ニーズへの対応により、機能向上ならびに安全性向上への貢献も今後目指す。

高耐熱リチウムイオンキャパシタ
システムイメージ


なお、本展示会併催の学術講演会において、下記のとおり、当社の研究内容発表をおこないます。
日時:5/24(木) 9:30~11:35
場所:パシフィコ横浜 会議センター 304(3F)
内容:セッション45 車載用パワーエレクトロニクスコンポーネント新技術
1.「高耐熱リチウムイオンキャパシタの開発」
三尾 巧美、小松原 幸弘、大参 直輝、木元 雄輔、飯塚 健太郎、西 幸二
2.「電動パワーステアリング用補助電源システムの開発」
日比野 徳亮、佐藤 文彦、篠田 智史、杉山 豊樹

ジェイテクトウェブサイト https://www.jtekt.co.jp/


この企業のニュース