2018年度第1回オクシズ森林経営を考える会を開催しました。

2018/09/13  静岡県庁 


( 平成30年度 )



( 資料提供 )

平成30年度第1回オクシズ森林経営を考える会を開催しました。


中部農林事務所では、管内ですすめている地域住民主体の森林経営を進めるプロジェ
クト「日向・馬込100年の森プロジェクト」や「俵峰門屋プロジェクト」の成果が上がっている
取り組みを検証し、他の地域へ波及させるために、組織を横断して「オクシズ森林経営を
考える勉強会」を開催しています。

本年度第1回勉強会を平成30年9月12日(水)静岡総合庁舎で開催しました。

当日は、中部農林事務所、静岡市の治山・林道・森林整備担当の職員、森林組合職員
22名が参加し、3グループに分かれ、集約化の新たな候補地の服織、新間、大原地区を
モデルに路網整備、間伐、皆伐の計画検討をGIS資料を基に行い、検討結果の発表を行
いました。
グループ討議では、それぞれの専門分野を生かした検討を行うとともに、若手職員育成
の場となり、有意義な勉強会となりました。
また、地域住民主体の森林経営を進めるため、静岡市葵区連合自治会、静岡市林道推
進協議会に対して行ったアンケート結果を報告しました。

午後からは林業関係の事業体も参加し、合計50名で静岡市葵区腰越の集約化施業地で
作業道研修を行いました。研修では、壊れにくい作業道の作り方を説明するとともに、山林
所有者の森林経営のお話や、森林作業道を開設した望月木材に、路網整備で工夫した点
などを説明してもらいました。


提供日 2018年9月13日
担 当 経済産業部 中部農林事務所森林経営課
連絡先 宮田 TEL 054-286-9081


ページの先頭へ戻る

他の画像