特別支援学校塙保己一学園 JR東日本と視覚障害者の事故防止のための研修を実施 - さらなる連携を深めるために -

2017年06月15日 

発表日:2017年6月15日14時

特別支援学校塙保己一学園 JR東日本と視覚障害者の事故防止のための研修を実施 - さらなる連携を深めるために -

部局名:教育局
課所名:特別支援学校塙保己一学園
担当者名:寺田

直通電話番号:049-231-2121
Email:r312121@pref.saitama.lg.jp

県立特別支援学校塙保己一学園(校長:佐野貴仁)では、JR東日本旅客鉄道株式会社からお声がけいただき、平成29年6月21日(水曜日)に児童生徒の登下校中の事故防止及び視覚障害に対する理解と支援の充実を目的とする研修会を共同で実施します。

当日は、「手引き歩行練習」のほか、授業の様子を公開したり、フロアバレーボールで交流するなどして、視覚障害を理解してもらい、今後とも連携を強化し、児童生徒の事故防止に努めてまいります。

1 日時

平成29年6月21日(水曜日)9時30分~17時00分

9時30分~ 9時55分 開会(校長あいさつ・学校の概要説明)

9時55分~11時45分 視覚障害について説明、手引き歩行練習

11時45分~12時35分 寄宿舎生活の説明

12時35分~13時30分 昼食・休憩

13時30分~15時10分 授業公開、児童生徒とJR東日本サービス推進員との交流(15時10分~15時30分休憩・着替え)

15時30分~16時30分 部活動(フロアバレーボール)で交流

(16時30分~16時45分着替え・休憩)

16時45分~17時00分 閉会

2 場所

県立特別支援学校塙保己一学園 体育館

(川越市笠幡85-1)

3 参加者

JR東日本旅客鉄道株式会社大宮地区サービス推進員28名

児童生徒及び教職員

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

この企業のニュース

企業の公式情報をご存知ですか?
どこよりも早く正確な情報をあなたにお届け!

詳しくはこちら