平成30年畜産生産情報第6号を発行しました

2018/10/12  青森県庁 

更新日付:公開日:2018年10月12日

平成30年畜産生産情報第6号を発行しました

内容

◎家畜伝染病の防疫対策にしっかりと取り組もう。
◎良質たい肥の生産・利用で、自給飼料の安定確保に努めよう。

◇ 乳用牛 ~分娩時の事故防止~
分娩予定牛は清潔で寝起きがしやすい環境で飼育する。分娩時は、経過を注意深く観察しなが
ら、場合によってはけん引等、適切な処置を行う。

◇ 肉用牛 ~繁殖牛の退牧後の飼育管理~
舎飼い開始時は、飼料を急に変えないようにする。配合飼料の増飼いは、分娩2か月前から概ね離乳
までの期間に行うが、過肥にならないよう給与量を調節する。また、蹄の伸び過ぎは牛のストレス
や、疾病の原因となるおそれがあるため、定期的に削蹄を行う。

◇ 豚 ~冬期間の飼育管理~
寒さによる発育の停滞や飼料効率の低下を防ぐため、すきま風の防止や適切な保温など防寒対策を徹
底する。特に子豚は、生後1週まで30℃程度の温度が必要なため、温度管理に注意する。また、呼吸
器病等のリスクを軽減するため、密閉状態にせず、室温を確認しながら換気を行う。

◇ 鶏 ~高病原性鳥インフルエンザ等発生防止対策~
冬期には高病原性鳥インフルエンザ等の発生リスクが高まるので、異常鶏の早期発見や鶏舎への
野生動物の侵入防止に努めるとともに、踏込み消毒槽の設置など、ウイルスの侵入防止対策を徹底す
る。農場への出入りの記録は、少なくとも1年間保存する。

◇ 草地・飼料作物及び環境保全 ~越冬前の草地管理~
1 経年草地は、土壌診断をした上で石灰や苦土等の土壌改良資材を施用する。
2 たい肥は、十分腐熟させ、土壌改良資材や肥料資材として活用する。
3 とうもろこしサイレージは、カビや二次発酵に十分注意し、適切に給与する。

日程

2018年10月12日

添付資料

61893.pdf

お問い合わせ

畜産課

経営支援グループ

上原子 俊之

017-734-9496