SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 - 携帯電話番号だけで、携帯3社のお客さま間で長文メッセージや写真、動画の送受信などが可能に -

2018年04月10日 

報道発表資料

SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始
-携帯電話番号だけで、携帯3社のお客さま間で長文メッセージや写真、動画の送受信などが可能に-
<2018年4月10日>

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、KDDI株式会社(以下、au)、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)の3社(以下、携帯3社)は、携帯電話番号だけでメッセージがやり取りできるSMS(ショートメッセージサービス)の機能を進化させた新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を、2018年5月9日(予定)から携帯3社のスマートフォン、タブレットを利用するお客さま向けに提供開始します。

「+メッセージ」は、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)に準拠したサービスです。従来のSMSでも、他社携帯電話番号宛てに最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信することができましたが、「+メッセージ」では、携帯3社のお客さま間であれば、文字数を気にすることなく携帯電話番号宛てにチャット形式でメッセージや写真、動画を送受信できるようになります。また、コミュニケーションを豊かにする専用スタンプや、複数人で同時にメッセージをやり取りできるグループメッセージを楽しむこともできます。

これまで携帯3社は、お客さまがメッセージを送受信する相手先の携帯電話会社を意識することなく快適にご利用いただけるよう、SMSの相互接続や、絵文字の共通化などメッセージサービスの拡充を図ってきました。このたび、より豊かなコミュニケーション環境を実現することを目的に、「+メッセージ」を提供します。MVNO(仮想移動通信事業者)などへの提供についても、導入希望に応じて検討を進めていきます。

今後、携帯3社は「+メッセージ」について、メッセージサービスにとどまらず、企業からお客さまへの大切なお知らせや各種手続きなど企業と個人間のコミュニケーションを円滑にするサービスの導入を検討し、総合的なコミュニケーションプラットフォームへ拡張する予定です。

「+メッセージ」の概要

1. 内容

ドコモ、au※1、ソフトバンク※2のお客さま間で「+メッセージ」のアプリケーションから携帯電話番号だけでメッセージや写真、動画を送受信できます。また、無料の専用スタンプやグループメッセージ機能を利用することもできます。

  1. 沖縄セルラー電話株式会社で契約されているauを含む。

  2. ワイモバイルを除く。

<「+メッセージ」で送受信できる主な内容>
SMS +メッセージ
テキスト・絵文字(他社携帯電話宛て) 最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画 ×
専用スタンプ ×
グループメッセージ ×
音声メッセージ ×
地図情報 ×

2. サービス開始日(予定)

2018年5月9日(水曜)

  • iPhoneとiPadについては準備ができ次第、提供する予定です。

3. 対象者

ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン、タブレットを利用するお客さま

  • AndroidTM 4.4以上のスマートフォンとタブレット、iOS 9.0以上のiPhoneとiPadが対象です。詳細は各社のホームページで順次ご案内します。

4. 利用方法

「+メッセージ」のアプリケーションをダウンロードすることで利用できます。詳細は各社のホームページで順次ご案内します。

+メッセージ

  • auはSMS(Cメール)、ソフトバンクは「SoftBankメール」の各アプリケーションのバージョンアップが必要な場合があります。

5. 利用料金

メッセージの送受信には、パケット通信料がかかります。詳細は各社のホームページで順次ご案内します。

  • パケット定額サービスへの加入を推奨します。

  • SMSは引き続き各社が設定する従来の料金でご利用いただくことが可能です。

<アイコン、ロゴ>

<画面イメージ>

<GSMAについて>
GSMAは、携帯電話事業者の業界団体「GSM Association」の略称で、約800社の携帯電話事業者を中心に、220カ国・地域から1,000社以上が参加する業界最大の団体です。

<RCSについて>
RCS(Rich Communication Services)は、SMSやMMSの後継のメッセージサービス規格としてGSMAにより標準化されており、全世界で採用事業者が拡大しています。携帯電話番号宛てのテキストの送受信に加え、写真や動画などの送受信やグループチャットといった、リッチなコミュニケーションとして利用可能な機能を備えています。

  • © 2018 Apple Inc. All rights reserved. Apple, iPhone, iPad, and iOS are trademarks of Apple. Other company and product names may be trademarks of their respective owners.

  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

  • Androidは、Google LLC の登録商標または商標です。

  • その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

この企業のニュース