反射防止膜・指紋付着防止膜のコーティング市場に参入 ~ 韓国・Univac社と販売契約を締結し、成膜装置事業を拡大 ~

2018年06月14日 

反射防止膜・指紋付着防止膜のコーティング市場に参入
~韓国・Univac社と販売契約を締結し、成膜装置事業を拡大~

2018年06月14日

Doc. No.: FT180614_008J

株式会社SCREENファインテックソリューションズはこのほど、光学膜・加飾膜用真空成膜装置を提供するUnivac Ltd.(本社:韓国・金海市/以下、Univac社)との間で、同社製装置の販売契約を締結。これにより当社は、需要の拡大が見込まれる反射防止膜(AR)・指紋付着防止膜(AF)コーティング市場に参入します。


近年、自動車へのエレクトロニクス導入のスピードは大幅に引き上げられており、先進運転支援システム(ADAS)においては、カメラが重要なデバイスとして位置付けられています。また、高機能化が進むスマートフォンでは、画質の向上に加え、画角や立体感を調整するために、2つのカメラを搭載するデュアルカメラタイプが増加しており、これらのレンズにはARコーティングが欠かせないものとなっています。さらに、車載モニターやスマートフォンのカバーガラスにはAR・AFコーティングが不可欠で、より低反射で高透過の膜形成が可能な真空成膜装置への期待が高まっています。


このような業界の動向を背景に当社は、Univac社製の真空成膜装置をラインアップに加えることにより、AR・AFコーティング市場への装置提供を加速させます。世界トップシェアの液晶ディスプレー用コーターデベロッパーで長年培ったノウハウを基に開発した当社製品は、車載モニターをはじめとする大型基板やインラインシステムに対応。一方、レンズなど小型部品向けにはUnivac社製品を提供することにより、さまざまな基材サイズに対応できる他、ガラスや樹脂など多種多様な材質への成膜が可能なため、お客さまの幅広いニーズに応えていきます。


当社は、今回のUnivac社との販売契約締結により、AR・AFコーティング市場への販路を強化し、事業領域の拡大を図ります。また、ハイエンドモデルとして、当社とUnivac社の技術を融合させたLIA(Low Inductance Antenna)を搭載したスパッタシステム「LSSシリーズ」のリリースを予定するなど、今後も両社のコアコンピタンスをより強く融合させ、真空成膜業界のさらなる発展に貢献していきます。


Univac Ltd.

韓国・金海市に本社を置き、30年以上にわたり光学膜・加飾膜の形成をはじめとする真空成膜装置を提供している。特に、あらゆる光学部品への光学膜の形成を得意としており、韓国国内はもちろん、中国においても多くの販売実績を持つ。


詳しい情報はwww.univac.co.krを参照。


Univac社製品の紹介


AR/AF用スパッタリングシステム「STP-1650」

AR膜用スパッタ源、AF膜用熱蒸着源を兼ね備えた真空成膜システム

【特長】

・1台で基板洗浄およびAR/AF成膜が可能
・最大限の生産量を確保する、安定した成膜と優れた均一性
・材料利用効率と冷却能力に優れた、デュアル円筒型カソードを2基搭載
・ターゲットの交換が容易な構造

STP-1650 仕様 備考
チャンバーサイズ Φ1,650mm×1,840mm
サンプルサイズ 200mm×125mm サイズ変更可
数量 192pcs サンプルサイズ:200mm×125mm
処理時間 90min 排気+AR/AF成膜+ベント


イオンアシスト電子ビーム蒸着システム「UNIVAC-2050」

Univac社が誇る、さまざまな光学膜の形成に最適なEB蒸着システム


【特長】

・低温成膜が可能
・自社開発の拡散ポンプを搭載し、排気時間の短縮を実現
・最大限の生産量を確保する、安定した成膜と優れた均一性
・容易なオペレーション
・メンテナンス性に優れた構造

UNIVAC-2050 仕様 備考
チャンバーサイズ Φ2,050mm×1,750mm
サンプルサイズ 250mm×170mm サイズ変更可
数量 45pcs サンプルサイズ:250mm×170mm
処理時間 80min 排気+AR/AF成膜+ベント


● 本件についてのお問い合わせ先

株式会社SCREENファインテックソリューションズ 新規事業統轄部 事業開発部 Tel: 075-417-2565 / fpdinfo@screen.co.jp



この記事のPDF(347KB)

英語訳PDF(389KB)

掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


この企業のニュース