AGC Biologics社のバイオ医薬品培養能力を増強

2018年03月06日  AGC 株式会社 

2018年03月06日経営

AGC Biologics社のバイオ医薬品培養能力を増強

米国バークレーに培養槽を増設、スケールアップに迅速に対応

AGC旭硝子(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:島村琢哉)は、当社CDMO(*1)事業子会社のAGC Biologics社(*2)で、バイオ医薬品の培養能力を増強しました。本増強により同社バークレー工場(米国 カリフォルニア州)の培養能力はおよそ2倍となり、増強した設備は2018年3月より本格稼働を開始します。

AGC Biologics社は、動物細胞と微生物を用いたCDMOで、プロセス開発、スケールアップおよび商業製造までの高付加価値サービスを提供しています。バークレー工場では、開発初期からPhase II(*3)段階のバイオ医薬品製造・開発受託に特化しており、セルバンク(*4)の製造・保管・培養から精製まで幅広いサービスを提供しています。今回2,000リットルのシングルユース仕様(*5)の培養槽を新たに導入することで、開発初期からPhase II段階の幅広い顧客の要望に応えると共に、開発ステージ進捗に伴うスケールアップ製造にも迅速に対応することが可能となります。加えて各国、各地域のお客様へのよりスムーズな提案や、世界中どの拠点においても実績に基づいたより質の高いサービスを提供することが可能となります。

AGCグループは、経営方針 AGC plus の下、ライフサイエンス事業を戦略事業のひとつと位置付けています。今後も大きな需要の伸びが見込まれるバイオ医薬品事業に対し、必要な設備投資を実施していきます。また各国、各拠点のシナジーを最大限発揮し、開発から商業製造までを円滑かつ迅速に進めることで、製薬会社、患者様、そして社会に貢献していきます。

<注釈>

*1 CDMO:製造受託に加え、製造方法の開発を受託・代行する会社

(Contract Development & Manufacturing Organization)

*2 2018年1月より当社バイオサイエンス事業の一体運営を開始しました。現社名はCMC Biologics社ですが、一体運営開始に伴い、社名をAGC Biologics社に統一する予定です。法人名変更は、2018年度中を予定しています。

*3 Phase II :治験薬第II相試験

*4 セルバンク:均一な組成の細胞の集まり。

*5 シングルユース:使い捨て容器を使用した培養槽。洗浄・滅菌工程が不要で、洗浄不足によるコンタミネーションのリスクがない。


このリリースの画像:
▼バークレー工場動物細胞培養槽
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1049788
▼AGCグループのバイオサイエンス事業拠点
http://www.jpubb.com/press/image.php?image=1049789

◎本件に関するお問い合わせ先
AGC旭硝子 広報・IR部長 玉城 和美
担当:北野
TEL: 03-3218-5603
E-mail: info-pr@agc.com

他の画像

配信企業情報

AGC 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング30F MAP
上場区分 東証1部

業界