「九州観光活性化ファンド」サンワカルチャー株式会社に対する投資決定について

2018年08月10日  株式会社 リサ・パートナーズ 

2018年8月10日

「九州観光活性化ファンド」
サンワカルチャー株式会社に対する投資決定について

このたび、RISAは、観光活性化マザーファンドの子ファンドとして、㈱日本政策投資銀行および㈱地域経済活性化支援機構と共同で組成した九州観光活性化ファンドにて、サンワカルチャー株式会社の社債引受を実施しましたのでお知らせします。

サンワカルチャー株式会社は、熊本県の玄関口である熊本空港から程近くの熊本県菊池郡大津町に位置する「エアポートホテル熊本」を運営する企業です。
「エアポートホテル熊本」は、2016年、熊本地震により被災しましたが、従来のビジネス客に加えて観光客も取り込めるホテルとして2018年3月からリニューアルオープンしております。
本件は、「エアポートホテル熊本」の新たなスタートに必要な資金を供給し、熊本県に訪れる観光客のニーズに対応する施設にすることで、観光入込客増加及び滞在時間の長期化を図り、熊本観光の活性化を目指すものです。

九州観光活性化ファンドでは、九州の観光産業の活性化を目的とするファンドであり、今後も、参画各社が有する専門的知見、ネットワークおよびファイナンスノウハウを活用し、九州の観光産業の活性化に資する企業への成長資金の供給等を通じて、九州経済の活性化に貢献してまいります。

1.投資先会社概要

商号 サンワカルチャー株式会社
本社所在地 熊本県菊池郡大津町
代表者 山下 和貴
事業内容 ホテルの経営、飲食店の営業 等

2.「九州観光活性化ファンド」の概要

名称 九州観光活性化投資事業有限責任組合
設立 2015年10月1日
所在地 東京都千代田区
ファンド総額 3,400百万円
無限責任組合員 REVICキャピタル株式会社
株式会社RD観光ソリューションズ(当社連結子会社)
有限責任組合員 株式会社大分銀行、株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行、株式会社福岡銀行、株式会社豊和銀行、株式会社宮崎銀行、株式会社宮崎太陽銀行、株式会社地域経済活性化支援機構、観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合
投資対象 九州に事業拠点を持ち観光産業の発展に資する事業を行う観光関連事業者等の株式、社債、金銭債権の取得

3.「観光活性化マザーファンド」の概要

名称 観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合
設立 2014年4月1日
所在地 東京都千代田区
ファンド総額 5,200百万円
無限責任組合員 REVICキャピタル株式会社
株式会社RD観光ソリューションズ(当社連結子会社)
有限責任組合員 株式会社日本政策投資銀行
株式会社地域経済活性化支援機構
株式会社リサ・パートナーズ
投資対象 旅館、ホテル、特産品生産者および地域交通をはじめとする日本における観光活性化に資する事業者の株式、金銭債権、融資等


PDF版(330kb)

← 前へ

配信企業情報

株式会社 リサ・パートナーズ

住所

東京都港区港南2-15-3品川インターシティC棟19F MAP
上場区分 -

業界