「2018年度 資源循環技術・システム表彰」にて「経済産業大臣賞」を受賞

2018年10月12日  株式会社 ブリヂストン 

「平成30年度 資源循環技術・システム表彰」にて「経済産業大臣賞」を受賞

- ブリヂストンBRMのリトレッドタイヤ事業が評価されました -

2018年10月12日

株式会社ブリヂストンのグループ会社であるブリヂストンBRM株式会社(以下、BBRM)は、一般社団法人産業環境管理協会主催の「平成30年度 資源循環技術・システム表彰」において、最高位の賞である「経済産業大臣賞」を受賞しました。

表彰式の様子(2018年10月11日実施)
右:渡邊 昇治氏 経済産業省 大臣官房審議官
左:須藤 克己 BBRM社長

「資源循環技術・システム表彰」とは、一般社団法人産業環境管理協会が、経済産業省の後援を受けて、廃棄物の発生抑制、再使用、再資源化に資する優れた事業や取り組みの奨励・普及を図ることを目的として設けた表彰制度です。1975年にスタートし、リサイクルや環境保全の表彰制度としては最も長い歴史を持つ表彰の一つです。

BBRMはトラック・バス用のリトレッドタイヤ※1製造を行っており、今回は「使用済み(トラック・バス用)タイヤ再利用によるリユース事業」のテーマで、資源の再利用推進、産業廃棄物の削減などに貢献したことが評価され、同賞を受賞しました。

ブリヂストングループは運送事業者様向けの、新品タイヤ管理、リトレッドタイヤの提供、メンテナンスサービスを組み合わせた運送ソリューションビジネスの推進により、パンクや事故などのトラブル防止や安全性向上と資源の有効活用による事業と環境の両立※2に取り組んでいます。

<BBRM概要>

1.会社名
: ブリヂストンBRM株式会社
2.本社所在地
: 埼玉県加須市南篠崎一丁目2番地3
3.社長
: 須藤 克己
4.資本金
: 1億円
5.資本比率
: 株式会社ブリヂストン 100%
6.従業員数
: 290名(2018年8月時点)
7.事業内容
: トラック・バス用を主体としたリトレッドタイヤの製造・卸
  1. ※1リトレッドタイヤとは、使用済タイヤのトレッド部分を取り除き、新たなゴムを加硫・圧着して再使用できるようにしたタイヤのことです。新品タイヤに比べて、省資源、廃タイヤの削減寄与等、環境保全の面で優位性があります。
  2. ※2当社グループは、持続可能な社会の実現に向け、「自然と共生する」「資源を大切に使う」「CO2を減らす」という3つの活動について、2050年を見据えた環境長期目標を策定し、活動を進めています。
ブリヂストングループの「環境長期目標」

関連リンク:

本件に関するお問い合わせ先

<報道関係> 広報第1課 TEL:03-6836-3333
<お客様> お客様相談室 TEL:0120-39-2936

以上

他の画像

配信企業情報

株式会社 ブリヂストン東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

東京都中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン20F、21F、22F、23F、2 MAP
上場区分 東証1部

業界