ニホンコウノトリ大空へ!!

2017年06月15日 

発表日:2017年6月15日14時

ニホンコウノトリ大空へ!!

部局名:こども動物自然公園指定管理者
課所名:公益財団法人埼玉県公園緑地協会
担当名:こども動物自然公園管理事務所
担当者名:高木 野口 信永

直通電話番号:0493-35-1234
Email:zoo@parks.or.jp

こども動物自然公園で飼育しているニホンコウノトリから生まれたヒナが、平成29年6月17日(土曜日)に千葉県野田市こうのとりの里から放鳥されます。

こども動物自然公園(園長 田中理恵子)では、ニホンコウノトリの生息域外、域内の個体群保全のために平成25年に設立された「コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)」に協力しています。

この計画の基、当園の親鳥が産卵、抱卵した卵を孵化直前に千葉県野田市こうのとりの里へ移動していました。

そのヒナが成長し、6月17日(土曜日)に放鳥されることになりました。

今後も当園では、各施設と協力してニホンコウノトリの保護保全に貢献したいと考えます。

コウノトリ放鳥式

1 日 時 平成29年6月17日(土曜日)10時30分から11時30分

2 場 所 野田市こうのとりの里(千葉県野田市三ツ堀369)

3 主 催 野田市・コウノトリと共生する地域づくり推進協議会

※当園も出席予定(松尾所長、田中園長)

コウノトリの卵移動までの経緯

平成29年3月9日 親鳥の巣に卵(3卵)を確認、抱卵。

3月10日 1卵産卵(計4卵を抱卵)

3月30日 抱卵中の4卵を野田市へ輸送する

移動後の状況(野田市発表資料より)

平成29年3月31日 野田市の親鳥に托卵する

4月7日、8日、9日 孵化確認(3羽)

4月13日 ヒナ2羽死亡確認

飼育状況(埼玉)

親鳥

No.14(オス) 平成12年4月19日生(17歳)

平成22年2月17日 多摩動物公園より来園

No.15(メス) 平成13年5月1日生(16歳)

平成22年2月17日 多摩動物公園より来園

他の飼育個体

No.18(オス) 平成27年5月5日生

No.19(メス) 平成27年5月5日生

No.21(オス) 平成28年6月2日生

No.22(オス) 平成28年6月3日生

No.23(オス) 平成28年6月5日生

No.24(メス) 平成28年6月8日生

<参考資料>

ニホンコウノトリ

英 名: Oriental Stork

学 名: Ciconia boyciana

分 類: コウノトリ目コウノトリ科

分 布: 日本、中国、ロシアなど

生息環境: 水辺などで小魚、カエル、ザリガニ等を採食

サイズ: 全長110~115cm、翼開長160~200cm

孵化日数: 約30日

利用案内

1 開園時間 9時30分~17時00分

(入園は、閉園の1時間前まで)

2 休園日 毎週月曜日(ただし、月曜が祝日の場合は開園)

3 入園料 大人(高校生以上) 510円(団体410円)

小人(小・中学生) 210円(団体170円)

※ 小学校就学前・障害者手帳をお持ちの方は無料

【参考:写真】(PDF:236KB)

県政ニュースのトップに戻る

ページの先頭へ戻る

この企業のニュース