東急電鉄と連携したキャッシュアウト・サービスの開発について ~ 「はまPay」を使った駅の券売機からの預金引き出し ~

2018年07月13日  株式会社 横浜銀行 

2018年7月13日

東急電鉄と連携したキャッシュアウト・サービスの開発について
~「はまPay」を使った駅の券売機からの預金引き出し~


コンコルディア・フィナンシャルグループの横浜銀行(代表取締役頭取 大矢 恭好)は、スマホ決済サービス「はまPay」の新たな展開として、東京急行電鉄(代表取締役社長 髙橋 和夫)と連携し、東急線の券売機から預金の引き出しができるキャッシュアウト・サービスの商用化に向けて開発を開始します。駅の券売機を活用したキャッシュアウト・サービスは、日本で初めての取り組みとなります。

お客さまは、スマートフォンの「はまPay」アプリで引き出したい金額と暗証番号を入力し、その後表示されるQRコード(※1)を券売機に直接読み取らせることで、キャッシュカードを利用することなく現金を受け取ることができます。2018年度中に東急線の一部の券売機で実証実験を開始し、2019年春から東急線各駅(※2)でのサービス開始をめざします。

なお、「はまPay」では、キャッシュアウト・サービスの商用化に併せて、顔認証機能を活用した「本人認証アプリ(仮称)」との連携を開始する予定です。

横浜銀行は、今後もICTや金融テクノロジーを活用することで、地域に貢献する新たな金融サービスの提供に取り組みます。

【券売機を使ったキャッシュアウトのイメージ】
①「はまPay」アプリ ダウンロード
② 預金引き出し金額申請 QRコード発行
③ 券売機にてQRコード 読み取り
④ 現金受け取り

(※1)QRコードの商標は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です
(※2)世田谷線、こどもの国線を除きます

配信企業情報

株式会社 横浜銀行
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

神奈川県横浜市西区みなとみらい3-1-1 MAP
上場区分 -

業界