“仕事のできる人”の秘訣は栄養バランスの良い食事

2018年03月07日  株式会社 村上農園 

栄養バランス良し悪しで仕事の成果に20ポイント以上の差

 株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴)は、20~50代の働く男女400名を対象とし、「食事と仕事に関するアンケート調査」を2018年1月下旬に実施しました。  入社式や新年度の異動がある4月を前に、本アンケート結果が自身の食生活を見直し、“いい仕事”に繋げていただくきっかけになればと考えています。


【調査結果トピックス】
■ “いい仕事”は栄養バランスの良い食事から



栄養バランスの良い食事が摂れていると思っている人は3割程度。摂れない理由は“仕事の忙しさ”
「仕事で高い成果を出しているか?」。栄養バランスの良し悪しで結果に20ポイント以上の差


■野菜の機能を理解すれば、野菜の摂取量が増え、栄養バランスも改善する


野菜の摂取量は栄養バランスの良し悪しに影響。栄養バランスが良くないと思っている人の9割は野菜不足
野菜の抗酸化作用に関する認知度が高い人ほど野菜を摂取している
野菜不足の原因は“値段の高さ”と“調理の手間”、“レパートリー不足”



【調査結果の詳細】
■“いい仕事”は栄養バランスの良い食事から
 ○栄養バランスの良い食事が摂れていると思っている人は3割程度。摂れない理由は“仕事の忙しさ”


 自身の食事について、バランス良く栄養が摂れていると思うかを聞いたところ、「そう思う」「ややそう思う」という人は約3割(それぞれ5.3%、29.0%)。一方で、「あまりそう思わない」「そう思わない」という人も約3割(それぞれ26.8%、8.8%)いることが分かりました。

▼≪グラフ1≫自身の食事について、バランス良く栄養が摂れていると思うか




 「あまりそう思わない」「そう思わない」と答えた人にその理由を聞くと、「外食や中食(コンビニ食・惣菜購入など)ばかり」が35.2%で最も高く、次いで「忙しくて栄養バランスまで考慮している時間がない」「栄養バランスよりも食費を安くすることを優先している」がそれぞれ33.8%でした。「外食や中食ばかり」になる背景にも、仕事や日々の忙しさがあると思われます。

▼≪グラフ2≫バランス良く栄養が摂れていると思わない理由(複数回答/単位%)





 ○「仕事で高い成果を出しているか?」。栄養バランスの良し悪しで結果に20ポイント以上の差

 自身の仕事に対し、やりがいや楽しさを感じているかを聞くと、バランス良く栄養が摂れていると思う人※1では、その64.9%が「いつも感じている」「時々感じている」(それぞれ17.5%、47.4%)と答えたのに対し、バランス良く栄養が摂れていると思わない人※2では43.6%(それぞれ5.6%、38.0%)と、20ポイント以上も下回るという結果。さらに、仕事の成果(自己評価)についても聞いたところ、周りよりも高い成果を出していると思う人(「高い成果を出している」「どちらかというと高い成果を出している」)は、バランス良く栄養が摂れていると思う人で65.7%(それぞれ5.1%、60.6%)、思わない人で38.0%(それぞれ4.2%、33.8%)と、こちらも27.7ポイントもの大差がありました。食事の栄養バランスは、仕事のモチベーションやパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

▼≪グラフ3≫自分の仕事にやりがいや楽しさを感じている


▼≪グラフ4≫同じ仕事をしている人や同僚と比べた場合の仕事の成果(自己評価)



※1. 質問「バランス良く栄養が摂れていると思うか」に対し、「そう思う」「ややそう思う」と答えた人(グラフの「そう思う計」に該当)
※2. 質問「バランス良く栄養が摂れていると思うか」に対し、「あまりそう思わない」「そう思わない」と答えた人(グラフの「そう思わない計」に該当)


■野菜の機能を理解すれば、野菜の摂取量が増え、栄養バランスも改善する
 ○野菜の摂取量は栄養バランスの良し悪しに影響。栄養バランスが良くないと思っている人の9割は野菜不足


 厚生労働省の野菜摂取の推奨量350g/1日を基準に、野菜を十分に摂っていると思うかを聞いたところ、バランス良く栄養が摂れていると思う人では、6割が「十分摂っていると思う」「まあまあ摂っていると思う」(それぞれ10.9%、49.6%)と回答。その一方で、バランス良く栄養が摂れていると思わない人では、「不足気味だと思う」が47.9%、「かなり不足していると思う」が43.7%で、9割もの人が野菜不足を感じていることがわかりました。栄養バランスの良い食事を摂れているかどうかには、野菜の摂取量が影響しているようです。

▼≪グラフ5≫野菜を十分に摂っていると思うか



 ○野菜の抗酸化作用に関する認知度が高い人ほど野菜を摂取している

 「野菜には抗酸化作用があり、ガンや老化予防にも効果がある」について知っているかどうかを聞いてみたところ、「その理由も含めよく知っている」と答えた人では、野菜を「十分摂っていると思う」「まあまあ摂っていると思う」と答えた人の割合が46.3%(それぞれ11.3%、35.0%)。しかし、「知らない」と答えた人では、13.2%(それぞれ2.5%、10.7%)と野菜を摂っていると思うと答えた人の割合が少なくなることがわかりました。
抗酸化作用など野菜が持つ機能を知っていることが、野菜の摂取を促し、食事の栄養バランスも向上させているということが考えられます。

▼≪グラフ6≫「野菜には抗酸化作用があり、ガンや老化予防にも効果がある」を知っているか




 ○野菜不足の原因は“値段の高さ”と“調理の手間”、“レパートリー不足”

 野菜が「不足気味だと思う」「かなり不足していると思う」と答えた人にその理由を聞くと、「野菜の値段が高いから」が48.5%と最も高く、次いで「野菜は調理に手間や時間がかかるから」が27.2%、「野菜の調理レパートリーが少ないから」が25.7%という結果になりました。「野菜の値段が高いから」という答えの背景には、本調査の期間が野菜の価格高騰時期だったことに関係すると考えられます。天候や季節が価格に影響しない工場野菜の普及や、時短調理を含めた野菜の簡便な使い方・レシピなどの積極的な情報発信や提案が、野菜不足の解決に有効かもしれません。

▼≪グラフ7≫野菜を十分摂っていないと思う理由(複数回答/単位%)



≪調査概要≫
調査期間: 2018年1月22日(月)-2018年1月24日(水)
調査方法: WEBアンケート(株式会社マーシュ)
調査対象: 20~50代の有職男女400人(首都圏一都三県)


【大人にこそ知ってほしい健康情報を提供するサイト「いい大人のための食育会議」】



 村上農園は、2016年秋から大人を対象とした食育コンテンツ「いい大人のための食育会議」を展開しています。(http://www.murakamifarm.com/otona/
 健康志向の高まりとともに健康と食に関する情報は氾濫し、“分別のある大人”でもどれを信じるべきか迷うほどです。村上農園は、こうした大人の消費者が個々の目的に合った情報を正しく選び、実生活に応用するサポートをしたいと、志を同じくする医と食の気鋭の専門家に協力を求め、座談会をベースとしたウェブコンテンツを企画。継続的な発信を通して食生活の改善に寄与することで、当社がミッションに掲げる「生命(いのち)を守る農ビジネス」をより一層推進してまいりたいと考えています。
 本アンケート調査もその活動の一環で、健康だけでなく仕事の面からも自身の食生活について考えるきっかけにしてもらいたいと実施しました。


<村上農園 会社概要>
設立 1978年1月
代表者 村上清貴
売上高 86億1,800万円(2017年12月期)
事業内容 スプラウト、豆苗(とうみょう)、かいわれ大根など発芽野菜と高成分野菜の生産・販売
事業所 本社・研究開発部(広島)
       生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)
       営業所(東京、愛知、大阪、広島)
       広報マーケティング室(東京)
関連会社 株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
ウェブサイト http://murakamifarm.com

他の画像

配信企業情報

株式会社 村上農園

住所

広島県広島市佐伯区五日市中央6-1888-1 MAP
上場区分 -

業界