レーザー測量用ドローンの実務教育を開始

2019/03/15  株式会社 イーエムアイ・ラボ 

測量用ドローンの飛行コースプログラミングから、航空法まで実務に必要な教育を開始

株式会社イーエムアイ・ラボ(〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見3785-3 富士見 森のオフィス)では、弊社のレーザー測量用ドローンをご購入いただいたお客様を対象に、ニーズに合わせた実務教育のサービスを開始します。


ドローンに搭載したレーザースキャナーを用いた計測業務は、一般的に事前に飛行コースをプログラムして、自動航行によってドローンを飛行させます。ドローンの運用にあたっては、遵守すべき法律や条例などもあり、これらを理解した上で業務を行なうことが求められています。
イーエムアイ・ラボでは、弊社の機体をご購入いただいたお客様を対象に、ニーズに合わせた実務教育のサービスを開始します。初めてUAVレーザー機を導入されるお客様にも安心してお使いいただけるようにサポートいたします。


実務教育の内容
 1.UAVレーザー機の自動航行を目的としたプログラミング講習
 2.UAVレーザー機を安全に運用するための基本操作講習
 3.航空法の申請の手順



【本件に関するお問合せ先】
株式会社イーエムアイ・ラボ
メールアドレス:info@emi-lab.jp

他の画像

関連業界