12月5日は「アルバムの日」!『第6回 アルバム整理術コンテスト』の開催と『第3回 アルバムいい話コンテスト』グランプリを発表

2018/12/05  ナカバヤシ 株式会社 

2018 12.05 (Wed)

リリース

share :

12月5日は「アルバムの日」!『第6回 アルバム整理術コンテスト』の開催と『第3回 アルバムいい話コンテスト』グランプリを発表

ナカバヤシは、アルバムの大切さをこれからも伝えてまいります

ナカバヤシ株式会社は、12月5日「アルバムの日」を記念して、「第6回 アルバム整理術コンテスト」の開催・募集開始と、「第3回 アルバムいい話コンテスト」(募集期間:7月~9月)のグランプリ・優秀賞のエピソード発表を2018年12月5日に行いました。

「第6回 アルバム整理術コンテスト」開催について


「アルバム整理術コンテスト」は、1年間の思い出をアルバムに整理していただくきっかけとして2013年より毎年開催しています。
第6回目となる今回は、『子どもの成長記録アルバム』をテーマに、こだわりが詰まったアルバムの様子(撮影画像の投稿)と共に、お子様のために作るアルバムへのこだわりや、“アルバムを作って良かった!”と感じたエピソードなどを募集します。

先日公表したアルバムに関する研究結果『アルバムをつくると、子どもへの愛着が沸く』(大阪教育大学の研究チームとの受託研究)を背景にしたテーマ設定により、コンテスト結果を皆様に共有していくことで、子育て家庭のアルバムづくりのきっかけや、より楽しむためのヒントにして頂きたいと考えています。

募集概要
募集テーマ 「子どもの成長記録アルバム」
募集期間 2018年12月5日(水)から2019年2月28日(木)まで
応募資格 どなたでも結構です
応募方法 特設Webサイトより専用フォームに必要事項を記入の上、アルバムを撮影した画像(片側もしくは見開き1ページ)を投稿(3MBまで)
※ナカバヤシ製以外のアルバムでも応募できます
賞および副賞 グランプリ 1作品(副賞 5万円)
優秀賞 2作品(副賞 1万円)
(※)弊社社員による審査にて、選出いたします
各賞は該当者無しとなる場合もございます
結果発表 2019年3月予定(特設Webサイト上にて発表)
特設サイトURL https://album-tukurou.com/contest06/

「第3回 アルバムいい話コンテスト」結果発表について


「第3回 アルバムいい話コンテスト」は、アルバムをつくる・見る・プレゼントする、受け取るなどの出来事から生まれた“いい話”を募集し、アルバムの存在価値や良さを改めて感じるきっかけにして頂くことを目的にしたコンテストです。
2018年7月から9月まで、「アルバムにまつわる“いい話”」をテーマに募集しました。
日々、アルバムをつくっている子育て中のお母さんや、本コンテストをきっかけにして久しぶりにアルバムを開いてみた方など、多くの方からエピソードが集まりました。

結果発表
募集テーマ 「アルバムにまつわる“いい話”」
募集期間 2018年7月25日(水)から9月25日(火)まで
応募総数 392件
受賞作品 ■グランプリ(1名)
「私の大事な撫でる夜」 (宮田紀子 さん)

■優秀賞(4名)
「2月生まれのあなた」 (柳井理沙 さん)
「インデックス」 (猿渡章太郎 さん)
「時を超えて」 (もんちゃん さん)
「誰の子?」 (そると さん)
結果発表 Webマガジン「アルバムをつくろう。」 特設ページ上にて
http://album-tukurou.com

12月5日「アルバムの日」について

ナカバヤシは、2010年に12月5日 「アルバムの日」を記念日として申請し、登録されました。
一年の締めくくりの月、12月。12月5日(いつか)アルバムの日をきっかけに、デジタルカメラやスマートフォンなどで撮りためた画像を「いつか時間ができたら」「いつか子供が大きくなったら」「いつか、いつか・・・」と先送りにせずアルバムにして頂くことを目的としています。

関連情報

12月5日「アルバムの日」を記念して、弊社運営のネット通販サイトでは、アルバムやフォトブックの作成サービス、アルバムづくりに便利なグッズを特別価格でご提供するセール販売を実施しています。
(対象商品やセール価格、実施期間は各サイトによって異なります。)

実施店舗 フエルモール(ナカバヤダイレクトショップ)
フエルショップ(楽天)
FUERUフォトブック

ナカバヤシは「思いを守る、明日へつなぐ」の企業スローガンのもと、今年発売50周年のアニバーサリーイヤーを迎えた必要な写真の数だけ台紙が増える「フエルアルバム」をはじめとする製品やサービスを展開しています。
今後も、WEBマガジン「アルバムをつくろう。」や「アルバム研究所」での情報発信など、アルバムの良さを伝えるための啓蒙活動を引き続きおこなってまいります。

※プレス・リリースの内容は、発表当時のものです

一覧へ戻る

他の画像

関連業界