既存のセンサーやスイッチを簡単にIoT化 - 国内初のパルス対応*、IoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」発売

2018年04月10日 

既存のセンサーやスイッチを簡単にIoT化。
国内初のパルス対応*、IoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」

オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、既存のセンサーデバイスやスイッチなどを接続させることで、すばやく簡単にIoTソリューションに活用できるIoT無線ユニット 「ドライコンタクトコンバーター」のパルス信号対応版を、2018年4月18日より発売開始いたします。IoT無線ユニットは、LPWA(Low Power Wide Area=低消費電力で広領域の無線通信技術)通信(*1)のSigfox(*2)に対応しています。

■IoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」


■システム構成と接続イメージ 既存センサーをIoT無線ユニットと接続するだけでクラウドサーバーへの連携が可能になります。


オプテックスが発売する「IoT無線ユニット」は、人感センサーや温度センサーなどのさまざまなセンサーデバイスやスイッチを接続することで、既存のセンサーデバイスを簡単にIoT機器として使用することを可能にします。これにより、新しいIoTセンサー開発に伴う投資を抑えることができ、また、既存システムを活かしたIoTビジネスやサービスをスムースに立ち上げられます。当社センサーのみならず、さまざまなメーカーのセンサーデバイスやスイッチとも接続できる汎用性を有するIoT無線ユニットは、早期にIoTビジネスを実運用できるキーデバイスとして位置付けています。

2017年11月に発売したファーストモデルはセンサーから出力されるアラーム出力に対応するモデルで、液体や飼料といったタンク内の残量管理、設備の遠隔監視などさまざまな用途での活用が広がってきました。このような実サービスへの導入が進む中で、お客様からの声を反映し、1)パルス対応 2)外部電源モデル追加 などを行い、本製品を普及版として開発したのが今回のモデルです。

オプテックスでは、センサーを活用した新しい価値やビジネスを広げていくため、当社の強みとするセンサーの開発のみならずIoTビジネスの用途や環境に合った仕組みを提供し、お客様のさまざまなニーズに対応していきたいと考えております。


【センサーデバイスのIoT化を実現するIoT無線ユニットの特長】

1. 既存のセンサーやスイッチを簡単にIoT

既存のセンサーやスイッチに「IoT無線ユニット」を接続するだけで、現在ご活用されている機械やシステムが簡単にIoT化することが可能です。

2. 接点信号やパルス信号に対応の2ch入力

レベルセンサーや温度センサーなど、既存のセンサーやスイッチなどの機器から出力される接点信号やパルス信号を、簡単にSigfox経由でクラウドサーバーに転送できます。

3. 電池駆動・外部電源駆動の2モデル

電池駆動モデルは、アラームモードで最大約5年 、パルスモードで最大約10年 の長寿命。また、外部電源タイプもご用意しております。(※1 送信1日10回として ※2 送信間隔12時間として)

4. 屋外使用可能な防水構造(IPX5)

さまざまな環境でIoTソリューションに対応するための高い防水構造。屋外でも安心してご利用いただけます。

【製品の仕様】

【活用事例】

屋内・屋外でのさまざまなIoTソリューションに活用いただけます。

【製品価格】

オープン価格


*1)LPWA(Low Power Wide Area,省電力広域ネットワーク):少ない消費電力で、長距離通信ができる無線通信技術の総称です。機器のバッテリー消費を抑えながら、データを収拾する基地局まで電波を届けることができ、IoTソリューションに有効な技術として注目を集めています。

*2)Sigfox:IoT 向けのLPWA通信規格の1つ。欧米を中心に36か国で展開中、2018年までに60か国に増加する予定であり、LPWA を代表するグローバルな通信規格として各国で導入が進んでいます。日本では、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)がSigfoxのオペレーターです。


https://www.optex.co.jp/iot-sensor/dcc

この企業のニュース