インターネットテレビ局「AbemaTV」が2018年12月の人気番組ランキングを発表 - 注目のK-1のタイトルマッチや歴史的記録がかかった将棋対局など ドラマチックな瞬間を生中継した番組が上位に

2019/01/09  株式会社 サイバーエージェント 

インターネットテレビ局「AbemaTV」が2018年12月の人気番組ランキングを発表 注目のK-1のタイトルマッチや歴史的記録がかかった将棋対局など ドラマチックな瞬間を生中継した番組が上位に

~コメントが一番盛り上がったのは『田中圭24時間テレビ』での田中圭さんのキスシーン~

動画 |2019年1月 9日

株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、2018年12月1日(土)から12月31日(月)までに放送された番組の視聴データをもとにした12月の人気番組ランキングを発表いたします。

■「AbemaTV」12月の人気番組ランキング

※本ランキングは、2018年12月1日(土)から12月31日(月)までに放送された全番組を対象に算出。
※「Abemaビデオ」は、「AbemaTV」の放送で見逃した番組を一定期間、好きな時に見ることができる機能
※「Abemaビデオ」は月額960円(税込)のAbemaプレミアムへのご登録で利用可能。一部の番組は登録することなく無料でも使用できる

2018年12月の「AbemaTV」では、勝負の行方が注目を集めたK-1のタイトルマッチや、歴史的な偉業達成がかかった将棋・竜王戦の対局、テレビ史上初となる24時間の生放送でドラマを作り上げる『田中圭24時間テレビ』など、多くの視聴者がその劇的な展開を見守ったバラエティ豊かな番組を生放送してまいりました。

そのような中、「AbemaTV」で放送された全番組での12月のランキング1位となったのは、12月8日(土)にエディオンアリーナ大阪で開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』となりました。「AbemaTV」では、格闘家の魔裟斗氏を解説者に迎え、格闘技ファンならずとも注目の本トーナメント全試合計34名の戦いを7時間半にわたって独占生中継。大きな注目を集めた王者・武尊さんに皇治さんが挑戦するタイトルマッチは、武尊さんが2度のダウンを奪い判定勝ちし、王座初防衛となりました。さらに、「AbemaTV」の公式Twitterでは、勝者のサイン入りグローブをプレゼントする勝敗予想企画や独自の賞金プレゼント企画などが行われ、SNSでも試合会場さながらの盛り上がりを見せました。

2位は羽生善治九段に広瀬章人八段が挑戦した「第31期竜王戦七番勝負」の第7局がランクイン。羽生善治九段のタイトル通算100期という大偉業がかかった大注目の対局は、日本中の注目を集めましたが、広瀬章人八段が勝利し、初の竜王位を獲得する結果となりました。

続いて、12月15日(土)夜9時から24時間俳優の田中圭さんが生出演した特別番組『田中圭24時間テレビ』が3位となり、編集が間に合わず25時間とはなったもののテレビ史上初となる 究極の撮って出しドラマ制作の模様を多くの視聴者が見守りました。本番組の総視聴数は350万超えを記録し、田中圭さんをはじめ総勢30名以上のゲストたちの演技力やドラマ撮影の合間に見せる普段はみることのできないような素顔が、SNSで大きな話題を呼びました。

4位には、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人によるレギュラー番組『7.2新しい別の窓』の第9回放送がランクイン。歌手の木村カエラさんが登場した「ななにースペシャルライブ」や、12月8日(土)に誕生日を迎えた稲垣さんのバースデー特別企画『祝! 稲垣吾郎バースデー特別企画 ロングパットを決めてプレゼントGET』、YouTuber草彅さんとお笑いタレント・出川哲朗さんが真剣勝負を繰り広げた『YouTuber草彅剛vs出川哲朗 7番勝負』など、バラエティ豊かな企画満載でお送りしました。5位にはフォークデュオ・ゆずのふたりが全国ドームツアー『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~』の開催を生放送で発表した特別番組『緊急放送!いつでもどこでも生テレビ~ゆずがアベマ生出演~』、6位にはももいろクローバーZが多彩な出演者を迎えて行った年越しカウントダウンライブ『第2回ももいろ歌合戦』がランクインし、「AbemaTV」でしか見ることができない人気アーティストの重大発表やライブがファンをはじめ、多くの人々に楽しまれました。

さらに、7位と9位にはジャンル初となるアニメタイトルとのコラボレーション企画として『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』チャンネルを増設し、大晦日に放送した特別番組『Fate Project 大晦日TVスペシャル2018』、地上波先行・国内初の無料配信を行った『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」Ⅰ.presage flower』がランクイン。様々なジャンルの特別企画が2018年の大晦日を盛り上げました。

※オリジナル番組ランキングは、2018年12月1日(土)から12月31日(月)までに「AbemaSPECIALチャンネル」、「AbemaSPECIAL2チャンネル」、「AbemaGOLDチャンネル」、「AbemaPremierチャンネル」、「AbemaEXTRAチャンネル」、「AbemaNewsチャンネル」、「麻雀チャンネル」、「将棋チャンネル」にて放送された全オリジナル番組を対象に算出

「AbemaTV」オリジナル番組のランキングには、全体ランキング上位の番組に加え女子中高生を中心に人気の恋愛リアリティーショー『恋する♥週末ホームステイ』『今日、好きになりました。』が5位以下を席巻。さらに、若者に絶大な人気を誇るダンス・ボーカルグループGENERATIONS from EXILE TRIBEが全国各地の高校に突然現れ、今どきの高校生活を体当たりでレポートする青春応援バラエティ番組『GENERATIONS高校TV』とガールズダンス・ボーカルグループ・E-girlsが全力であらゆる部活に挑戦する番組『全力部活!E高』がコラボした特別番組と、クリスマスイブ前夜に放送された生放送スペシャルがランクインしました。

さらに、見逃した「AbemaTV」の番組をいつでも楽しめる「Abemaビデオ」のランキングは、11月と同じく、『今日、好きになりました。』、『恋する♥週末ホームステイ』の恋愛リアリティーショーと、地上波との同時配信が話題となったTVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の第10話~12話がランクインしました。

12月のニュースランキングは、札幌で爆発事故を起こした不動産会社社長の会見が1位、日産の社長が11月に逮捕された日産自動車のカルロス・ゴーン氏の後任について語った会見が3位となるなど、企業の騒動に関する会見が上位となるなか、藤井聡太七段が100勝達成を果たして開いた会見や、フィギュアスケート選手の紀平梨花さんがカナダで行われたGPファイナルで初優勝を果たした帰国後の会見、プロボクサー・村田諒太選手が現役続行を表明した会見など明るい話題も多く見られた師走となりました。

■「AbemaTV」12月コメント数ランキング

「AbemaTV」では、Twitterアカウントと連携させてコメントを投稿することで、視聴者が番組放送中にリアルタイムにその時々の様々な感情を発信することができ、SNSを通してそのメッセージが広く共有・共感されています。ここでは、そのようなコメントの多かった番組シーンのランキングを発表いたします。

1位は『田中圭24時間テレビ』で、24時間の生放送も終盤に差し迫るなか、疲労と寒さがピークに達する時間帯でのドラマ撮影で2018年に大ヒットした映画「カメラを止めるな」に出演する女優・どんぐりさんとのキスシーンとなりました。田中圭さんがどんぐりさんを力強く引き寄せながらキスをするシーンには「一気に本番スイッチ入った圭君のキスシーンやばい・・」「疲れを見せない外に響くほどの声と演技。役者魂に感動!!!」など、視聴者たちからの興奮冷めやらぬコメントが殺到しました。

続いて、2位には12月24日(月)に一挙放送されたアニメ『School Days』の第2話で、言葉との二度目のデートで先走ってしまった誠が別れ際に突然のキスを迫るも、二人の間で電車の扉が閉まってしまうシーンがランクイン。誠の行動へのツッコミコメントが多く寄せられ、視聴者同士が共感し合うコメントで賑わいました。

3位には、オリジナルランキングでも10位となった『GENERATIONS高校TV』の生放送中に、12月28日(金)に26歳の誕生日を迎える数原龍友さんをサプライズで祝う場面となりました。番組内で行われた「#龍友ハッピーバースデー」をトレンド入りさせようというサプライズ企画では、番組開始6分でトレンド入りを果たし、ツイート数も約6万3千件を超えたことが発表されSNSでも大きな反響を呼びました。

今後も、「AbemaTV」ではコンテンツ拡充や機能追加などサービス開発を行うと共に、「AbemaTV」ならではの魅力的な番組づくりを積極的に行ってまいります。

■「AbemaTV」について

「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。その他にも、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」や見逃した番組をいつでも楽しめる「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

※画像をご使用の際は、【(C)AbemaTV】のクレジット表記をお願いいたします。

■「AbemaTV」概要

名称 「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信 PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store / Amazon Appstore
推奨環境 ・PC版
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
・Androidスマートフォン/タブレット
推奨環境:Android4.4以降
・iPhone/iPad
推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
・テレビ
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV
Apple TV(第4世代)
Google Cast (推奨環境:第1世代以降)
・VRデバイス
Google Daydream View
OS:Android7.0以降
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus
利用料金 無料

他の画像

関連業界

広告・メディア業界の新着ニュース