68港湾におけるヒアリの調査・防除の実施状況報告(第1報)

2017年08月10日 

平成29年8月10日

自然環境

この記事を印刷

68港湾におけるヒアリの調査・防除の実施状況報告(第1報)

環境省及び国土交通省では、中国、台湾等からの定期コンテナ航路を有する68港湾における調査を、8月より順次実施しています。これまでのところ、当該調査によるヒアリの発見は報告されておりません。

1. 調査の目的

ヒアリについては、6月9日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、現在までに12事例が報告されています。ヒアリの侵入状況をモニタリングするため、中国、台湾、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、北米、カリブ、中米、南米からの定期コンテナ航路を有する68港湾(別紙1参照)を対象として、調査を実施します。

2.調査の概要

初回の調査として、専門業者による目視調査及びモニタリングトラップ(粘着トラップ等)の設置による調査を行い、さらに、港湾管理者等による目視調査及び粘着トラップ等の設置による調査を2回実施します(ただし、粘着トラップ等の解析は全て専門業者が実施します)。既にヒアリが確認されている港湾及び中国からの輸入コンテナ貨物量が多い港湾(神戸港、名古屋港、大阪港、東京港、横浜港、博多港、北九州港)については、トラップの数を増やす等の重点的な調査を行います。また、調査においてヒアリが発見された場合には、殺虫処分を行う等の緊急的な防除を実施します。

3.初回調査の実施状況

初回の調査は、8月9日まで以下のとおり実施しました。

・室蘭港:8月8日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・苫小牧港:8月9日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・石狩湾新港:8月8日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・函館港:8月9日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・小樽港:8月8日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・釧路港:8月9日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・小名浜港:8月9日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・横浜港:8月2日にトラップ30個設置→8月5日に回収

(後日、追加でトラップ470個設置予定)

・新潟港:8月9日にトラップ設置箇所選定及び目視調査→後日トラップ設置予定

・大分港:8月9日にトラップ200個設置→後日回収予定

68港湾におけるヒアリの調査で、これまでに実施した目視調査及び8月5日に横浜港で回収したトラップからは、これまでのところ、ヒアリの発見は報告されておりません。今後も関係機関との調整を進めて、各港湾につき100~500個のトラップを設置する予定です。これにより、全国で計13,000個程度のトラップ設置と回収を8月下旬までに行い、その後結果を発表する予定です。

4.2回目以降の調査の予定

2回目の調査は9月上旬ごろより、3回目の調査は10月上旬ごろより、順次実施する予定です。本調査においてヒアリが確認された場合には、速やかに結果を公表します。また、2回目、3回目の調査が終了した段階でそれぞれ結果の公表を予定しています。

添付資料

連絡先
環境省
環境省自然環境局
野生生物課外来生物対策室
代表 03-3581-3351
室長 曽宮 和夫
室長補佐 大澤 隆文
担当 鎌田 憲太郎

この企業のニュース