JUKIグループにおける健康経営の推進と健康経営宣言の制定について

2017年09月15日 

2017年9月15日
JUKI株式会社
代表取締役社長
清原 晃

JUKIグループにおける健康経営の推進と健康経営宣言の制定について

JUKIグループは従業員の健康を企業の大切な財産と考え、これまで健康管理に取り組んでまいりました。今般、あらためて、従業員の健康や活力が、生産性を向上し企業業績や企業価値を高める貴重な経営資産であるという考えに基づき、更なる推進を図るため、健康経営宣言を制定いたします。

この「健康経営」の考え方を軸に、全社一丸となって健康や活力の維持増進の取り組み、企業として持続的成長を図ってまいります。

JUKIグループ健康経営宣言

JUKIグループは「イノベーティブで活気ある人と組織をつくること」を経営基本方針の 1 つに掲げております。これを実現するためには、従業員一人ひとりが心身ともに健康で、活力に満ち溢れ、持てる能力を最大限に発揮することが重要であり、そのことが企業の生産性や創造性の向上とお客様へのより良いサービスの提供につながると考えております。

当社はこの考えのもと、従業員の健康や活力の維持向上を追求する経営を力強く推進していくことを、ここに宣言いたします。

本健康経営宣言に基づき、健康と活力の維持増進に関する推進体制を強化し、主体性を持って自発的に健康維持増進活動に取り組む従業員へ積極的な支援を行い、従業員の健康意識を高めてまいります。また、互いに支え合い面倒見あふれる、健康で活気ある組織作りを推進し、働き方改革の取り組みと併せて、健康経営を総合的に推進してまいります。

JUKIグループはこれからも、組織の活性化と生産性向上に努め企業理念である「人々のしあわせを実現し、社会に貢献/技術を創造し、進化させ新しい価値を生み出す」ものづくり企業であり続けることを目指します。

この企業のニュース