「信州ネイチャーセンター基本方針」を策定しました。

2018年09月14日  長野県庁 生活協同組合 

更新日:2018年9月14日

「信州ネイチャーセンター基本方針」を策定しました

長野県(環境部)プレスリリース 平成30年(2018年)9月14日

自然保護センター等を豊かな自然とふれあうエコツーリズムの拠点として活用を図るため、目指すべき姿や施設間の連携などを定めた「信州ネイチャーセンター基本方針」を策定しましたのでお知らせします。

1 背景と目的

近年の自然公園の利用形態として、自然とのふれあいを求めるニーズが多様化(インバウンド)・高度化(質の高さ、新鮮味)している点を踏まえ、自然保護センターをエコツーリズムの推進拠点として活用を図り、信州をエコツーリズムの先進地とすることを目指して「信州ネイチャーセンター基本方針」を策定することとしました。

2 基本方針の内容

自然公園に誘導し、野外での積極的な自然体験を促進するとともに、旅行者のニーズに応じた多様なツアープログラムを提供できる施設を目指します。

(1) 民間ガイド事業者によるツアーデスクを設置し、利用者ニーズに応じた様々な内容のガイドツアーを提供します。

(2) アクティビティや学びの視点を取り入れ、インバウンド対応可能なツアーガイドを養成し、人材の充実を図ります。

(3) 国や民間の類似施設(ビジターセンター)を含めた広域連携により利用者の回遊性を高めます。

○基本方針の全文につきましては、長野県環境部自然保護課のホームページをご覧ください。

https://www.pref.nagano.lg.jp/shizenhogo/event/30neitya-housin.html

※自然保護センターとは、自然公園の利用指導や情報提供、自然保護活動の拠点として県下4か所(霧ヶ峰、乗鞍、美ヶ原、志賀高原)に設置された県有施設のことです。

関連資料

しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中
担当部署 環境部 自然保護課 自然保護係
担当者 (課長)春日 嘉広 (担当)遠山 貴士
電話

026-235-7178(直通)

026-232-0111(代表)内線2779

ファックス 026-235-7498
メール shizenhogo@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

配信企業情報

長野県庁 生活協同組合

住所

長野県長野市大字南長野字幅下692の2番地 MAP
上場区分 -

業界