イオングループ、Visaのタッチ決済を導入

2018年04月16日  イオン 株式会社 

2020年に向け、Visaタッチ決済をイオングループ約10万台のレジに導入、日本のキャッシュレス化を推進します

イオン株式会社(本社:千葉県千葉市、代表執行役社長:岡田 元也、以下イオン)は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:安渕 聖司、以下Visa)が提供する、国際標準規格のType A/B(※1)による非接触決済(以下、タッチ決済)を導入することを決定しましたのでお知らせします。2019年3月から2020年3月にかけて、全国の総合スーパーやスーパーマーケット、ドラッグストアなどイオングループ各店約10万台のレジにVisaのタッチ決済が可能な決済端末を順次導入いたします。 (※)Type A/B(ISO 14443)は、非接触ICカードインターフェースの規格としてISOで規定された国際標準の無線通信技術です。


Visaのタッチ決済は、日本を含む世界70以上の国と地域で展開されている、国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法です。店員にカードを渡すことなく端末にタッチするだけで支払いが可能で、「安全・安心」で「迅速な」決済方法です。イオングループでのお支払いは電子マネー「WAON」やクレジットカードなどを中心に現金以外での決済比率が高まっています。この度のVisaのタッチ決済の導入により、さらなるキャッシュレス化を推進してまいります。

既にヨーロッパやオーストラリア、アジア各国においては、国際標準のタッチ決済が広く普及しています。今後、東京で開催される2020年のオリンピックに向けて訪日外国人の増加がますます見込まれる中、イオングループは「安全・安心」で「迅速な」国際標準のタッチ決済を導入することにより、お客さまの日々のお買物はもちろん、訪日外国人のお客さまにおいてもさらなる利便性の向上を図ってまいります。

Visaは、消費者と加盟店により安全で利便性の高い決済手段を提供し、国内決済市場においてキャッシュレス化を推進することを目指しています。Visaは先月より、新ブランディングキャンペーン「New Normal」を展開しており、支払いの進化で、明日の当たり前を作ることを推進しています。この度のイオングループにおけるVisaのタッチ決済の導入は、今後の国内のキャッシュレス化の加速に大きなインパクトを与え、支払いにおける新しい当たり前(New Normal)を醸成するものであると考えています。

イオンとVisaは、2020年に向けてますます活発な消費動向が見込まれる中、国内のお客さまはもとより、訪日外国人の皆さまが、安全性、利便性、将来性の高い決済手段によるメリットを最大限享受できるよう、また日本におけるキャッシュレス化推進の一助となるべく今後も引き続き連携してまいります。



他の画像

配信企業情報

イオン 株式会社東証1部
企業ダッシュボード財務情報を見る

住所

千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1 MAP
上場区分 東証1部

業界