春の火災予防運動期間は終了しましたが、これからも火災が発生しやすい状況が続きます。火の取扱いに十分ご注意ください。

2018年04月10日  新潟県庁 

春の火災予防運動期間は終了しましたが、これからも火災が発生しやすい状況が続きます。火の取扱いに十分ご注意ください。

2018年04月10日

春の火災予防運動期間中(4/1~4/7)の火災発生件数は16件でした。運動期間中の死者数は昨年に引き続きゼロでしたが、4月8日には、3名の方が亡くなられる住宅火災が発生しています。
これからの時期も風が強く、乾燥した日が多くなり、火災が発生しやすい状況が続きます。
県といたしましては、各消防本部や消防団、関係機関と連携し、引き続き、火災予防の注意喚起に努めてまいりますので、ご協力をお願いいたします。

火の取扱注意

屋外での火の取扱いに十分注意するとともに、ご家庭ではストーブ、こんろ、たばこ等、火の元確認の徹底をお願いします。

乾燥時及び強風時の火災発生を防ぎましょう!

<参考>春の火災予防運動期間中の火災発生状況(過去5年比較)

報道発表資料はこちら(PDF形式 83 キロバイト)

PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Adobe Readerをダウンロードする

◇このページに関するお問い合わせは

消防課予防係
〒 950-8570 新潟市中央区新光町4番地1
電話: 025-282-1665(直通) 025-285-5511(代表) 内線: 6444、6445 ファクシミリ: 025-282-1667
電子メール: ngt130020@pref.niigata.lg.jp
このページに関するお問い合わせは

配信企業情報

新潟県庁
上場区分 -