一月万冊、東京大学で講義開催。元不登校児の経営者と東大教授が不登校の未来を語る!12月16日14時から。

2017年11月13日 

12月16日、読書家チャンネル「一月万冊」は、東大教授の安冨歩教授とのセミナー「不登校の未来~東大教授と年1億稼ぐ社長が語る生きる技法~」を東京大学にて開催する。

YouTubeチャンネル「一月万冊」は12月16日に、東京大学の安冨歩教授と共に現在不登校の子供や親に向けたセミナーを東京大学にて開催します。一月万冊の運営を行なっている清水有高自身も中学生時代から不登校を経験しているため、自身の体験を元に不登校の子どもや両親にメッセージを送ります。


安冨歩教授と清水有高
読書家のためのYouTubeチャンネル「一月万冊」は12月16日に、不登校に悩む子供達や親のためのセミナー、「不登校の未来~東大教授と年1億稼ぐ社長が語る生きる技法~」を東京大学で開催します。一月万冊運営主催者の清水有高は中学1年生の5月から3年間の不登校になり、定時制の高校を経て滋賀県立大学に進学・卒業しました。現在はベンチャー企業の経営者として活躍している清水は、社会人になってからも不登校の子ども達やその両親に対してメッセージを送り続けています。

東京大学の安冨歩教授は、自らが周囲や親からのプレッシャーで我慢をしながら生きていた経験と、そこから抜け出して女性装をするようになった経緯を綴ったベストセラー著書『ありのままの私』で知られています。安冨教授は「不登校の子供は感性が鋭く、まともです」と語り、今回のセミナーでは不登校の子供達に限りない可能性にあふれた世界が拓けていることを伝えたいという思いがあります。

当セミナーは東京大学の講義扱いとなりますが、東京大学の学生でなくとも自由にご参加いただけます。参加費は無料となっており、あらゆる年齢層の方々にお越し頂き、不登校の未来について考えて頂きたいと考えています。

【不登校の未来~東大教授と年1億稼ぐ社長が語る生きる技法~】概要
日時:12月16日(土) 14:00~ 17:00
場所:東京大学本郷キャンパス 東洋文化研究所 3階 大会議室
登壇:清水有高(経営者、読書家) 安冨歩(東京大学教授)
参加費:全席無料
ご参加のお申し込みは『thanks@raku-job.jp』宛に氏名、住所、電話番号、職業(学生の場合は大学名)を記載の上メールをお送りください。

この企業のニュース