初期費用0円、低圧電力の基本料金をコストカット。電子ブレーカーのネオ・コーポレーションが、累積販売台数16万台突破を記念し、キャンペーンスタート!

2019/03/13  株式会社 ネオ・コーポレーション 

株式会社ネオ・コーポレーション(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:近森靖彦、フリーコール:0800-123-4567)が販売する、低圧電力の基本料金をコストカットし、地震による「電気火災」も防ぐ、電子ブレーカー ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」が2019年3月13日に累積販売台数16万台を突破いたしましたので、お知らせいたします。


 電子ブレーカー ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」の人気の秘密は、初期費用0円、提案通りの結果でなければ、契約を白紙撤回できるという安心感から、2004年の販売開始から順調に累積販売台数を伸ばしております。
このたび、電子ブレーカー ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」の累積販売台数16万台突破を記念して、ご紹介キャンペーンを実施いたします。ご紹介いただいたお客様の契約件数に応じて、話題の商品や最新の家電、バイク、自動車に至るまで幅広くご用意しております。詳しくは、下記URLをご覧ください。

▼16万台突破キャンペーンサイト
https://www.neo-campaign.com/



【株式会社ネオ・コーポレーションについて】
社名:株式会社ネオ・コーポレーション
代表取締役社長:近森靖彦
本社所在地:大阪府大阪市淀川区西中島4-3-24 サムティ新大阪センタービル4F
設立:2000年3月13日
資本金:2億9,351万円
事業の概要:
株式会社ネオ・コーポレーションは1999年の創業以来、電気の基本料金を削減する商品の企画・販売・施工・卸売などを通して、あらゆる業種において必要不可欠な電気の安定使用とコスト削減を両立したコストカットコンサルティング事業を展開しており、電子ブレーカー業界で初めて、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)へ加盟する業界最大手 です。
電力会社との契約の一つである「主開閉器契約」は、ブレーカーの容量に基づき低圧電力(200ボルト)の基本料金を算定します。低圧電力をご使用されている中小の製造業、オフィス、商店などのお客様が、緻密な電流制御が行える電子ブレーカー ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」を活用し、より低い容量で同契約を締結すれば、低圧電力の基本料金を安くすることが可能となります。
また、地震を感知すると自動的に遮断して電気を止める、業界初の感震装置「CRS」(特許番号:特許第6308509号)は、昨年の販売開始より好評をいただいております。感震装置「CRS」を、電子ブレーカー ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」に取り付けると、感震ブレーカーへと進化し、災害対策の提案も行っております。
さらに、関西電力株式会社の正規一次販売代理店として、「関電ガス」の取り扱いを開始しており、電気のコストカットだけではなく、「関電ガス」の「なっトクプラン」をサービスメニューに加え、ガスのコストカットコンサルティングも展開しております。

【ネオ・コーポレーション オフィシャルサイト】
●コーポレートサイト
https://www.neo-corporation.co.jp/
●低圧電力200Vの基本料金の削減なら
https://www.costcut-breaker.com/
●感震装置で未来を護る
https://www.kanshin-anshin.com/
●「関電ガス」特設サイト
https://www.gas-costcut.com/
●高圧電力の基本料金の削減なら
https://www.aircon-demacon.com/
●新電力による電気料金の削減なら
https://www.neo-pps.com/

【全国ネットでTVCM絶賛放映中!】
●ネオ雷神三兄弟スマイル篇



●ネオ雷神三兄弟あっかんべー篇




●ネオ雷神三兄弟おじさん篇




【ネオ雷神三兄弟LINEスタンプ 好評発売中!】
https://store.line.me/stickershop/product/3126667/

他の画像

関連業界