長野県がごみ排出量の少なさランキングで3年連続日本一になりました(資源循環推進課)

2018年04月12日 

更新日:2018年4月12日

長野県がごみの排出量少なさランキングで3年連続日本一になりました

長野県(環境部)プレスリリース平成30年(2018年)4月12日

一般廃棄物処理事業実態調査(平成28年度実績)の調査結果が環境省から公表され、長野県が3年連続で1人1日当たりのごみ排出量が少ない都道府県1位になりました。

1 調査概要

環境省が都道府県を通じ、全国の市町村等における家庭などから排出される一般廃棄物の量や処理状況について、毎年実施している調査です。

調査結果は、以下のホームページからご覧いただけます。

環境省処理技術情報一般廃棄物処理事業実態調査結果(外部サイト)

排出量の少ない都道府県トップ3と全国平均(平成28年度)

順位

1人1日当たりのごみ排出量

1

長野県

822g

2

滋賀県

831g

3

熊本県

843g

全国

925g

2 要因

市町村の一般廃棄物の削減の取組や県民へのごみ減量意識の浸透などが、ごみの減量につながっているものと考えられます。

3 これまでの県の取組

  • 県民や事業者、市町村などとの協働による「レジ袋削減県民スクラム運動」や「食べ残しを減らそう県民運動」などを展開し、「もったいない」を大切にし、県民一人ひとりが環境にやさしいライフスタイルへと転換することを目指し、取り組んできました。
  • 市町村などと連携し、しあわせ信州創造プラン2.0に掲げる「県民1人1日当たりの一般廃棄物排出量795g以下」の達成を目指し、チャレンジ800ごみ減量推進事業に取り組んでいます。

関連資料

しあわせ信州創造プラン2.0(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 環境部 資源循環推進課 資源化推進係・廃棄物政策係
担当者 (課長)伊東 和徳 (担当)大月 明、神山 涼一
電話

026-235-7187(直通)

026-232-0111(代表)内線2796

ファックス 026-235-7259
メール junkan@pref.nagano.lg.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

この企業のニュース